RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
53 巻 , 1 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
  • 太田 朋子, 齊藤 敬, 佐藤 純
    2004 年 53 巻 1 号 p. 1-11
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    マンガンを含浸させたアクリル繊維を用いて天然水中に含まれる微量のラジウムの同位体を捕集することを試みた。アクリル繊維に含まれているマンガンの化合物はKMn8O16・xH2Oと推定された。この化合物は我が国で発見された天然の鉱物で, cryptomelaneと称される。この捕集物質による捕集はpHが4以上の溶液に対して有効で, 温度依存性も認められる。
    降雨直後に河川水中のラジウム濃度が上昇するという傾向が多摩川水系の上流部で観測され, これは降水により地中に蓄えられていた水が河川水中に押し出された結果ではないかと考えられた。
  • 伊藤 伸彦, 花輪 明日美, 鈴木 花杏, 鍋島 紀子, 永井 裕司, 夏堀 雅宏, 石川 達也, 畠山 智, 二ツ川 章二, 寺崎 一典, ...
    2004 年 53 巻 1 号 p. 13-24
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    この研究は, 我が国における獣医核医学を行うための安全ガイドラインを作ることを目的に行われた。よく用いられる放射性核種 (18Fと99mTc) が, 獣医師, 動物所有者, 及び公衆の外部放射線被曝を評価するために採用された。動物にみたてたファントム中の放射線源からの人間の外部放射線被曝は, コンピュータシミュレーションの計算結果と実際に測定された線量を比較することによって考察された。コンピュータシミュレーションは, マイクロソフトVBAのマクロプログラムを用いることによって実行された。このシミュレーション計算の過程で, γ線が動物の体の中の放射性物質から放出されている状態で, 放射線の吸収とビルドアップが考慮された。シミュレーション結果は, 実測値と比較して過大評価される傾向があったが, 両方がよく一致した。したがって, 人間の体外被曝に関する見積りのために本システムを適用することが可能と思われた。放射性物質が内臓 (心臓, 肝臓, 腎臓, 及び膀胱) にのみ存在する条件で計算が行われたとき, 線量率は動物体の近くで不均等分布するのが見出された。獣医師, 動物所有者, 及び公衆への外部放射線被曝見積りは実際の作業条件, 線源からの距離, 及び被曝の時間を考慮して実行された。計算では, 動物所有者と公衆の被曝線量は, 放射性薬剤投与の24時間後の退院では線量限度 (動物所有者, 及び一般のための1mSv/年と5mSv/年: ICRP 1990) を超えなかった。この研究で用いられた計算条件は実際より線量が過大になるよう設定された。したがって, 日本で獣医核医学を始めることによって, これらの被曝がどんな有意の問題も引き起こさないと考えられる。更に, 実際には注入された放射性薬剤が体外に排出されるので, 動物所有者と一般の被曝は実際には見積りよりはるかに低くなると推測される。日本の獣医核医学のための安全ガイドラインは, 本研究で用いた手法の更なる応用によって確立されると思われる。
  • 河野 孝央, 坪井 尚弘, 辻井 弘次, 杉山 貴彦, 朝倉 大和, 宇田 達彦
    2004 年 53 巻 1 号 p. 25-30
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    Recently we developed an analyzer capable of measuring hydrogen concentrations of less than 5 cm3/1000 cm3. The analyzer is characterized by the fact that it uses a carrier gas purifier, a thermal conductivity detector, high- and low-temperature separation columns, and an “after-cut method”to remove impurities from sample and carrier gases. In the after-cut method, nitrogen gas is removed by switching gas lines. In the analyzer, a trace reduction detector is also used to detect extremely small amounts of hydrogen based on the reduction reaction of mercuric oxide with hydrogen. This is another distinctive characteristic of this analyzer.
    In the present study, we evaluated the performance of the analyzer in measuring deuterium concentrations. We measured spectra for five sample gases with different concentrations and examined the peaks and retention times of the spectra. The peaks and retention times were stable within a relative standard deviation of less than 10%, and a definite linear relationship between the peaks and deuterium concentrations was also observed. Based on these results, we have considered how to develop an analyzer capable of directly measuring the deuterium existing in natural air.
  • 湊 進, 柴山 元彦, 平岡 由次, Patricia MORA, Esteban PICADO
    2004 年 53 巻 1 号 p. 31-37
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 石井 慶造
    2004 年 53 巻 1 号 p. 39-47
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 森田 健治
    2004 年 53 巻 1 号 p. 49-57
    発行日: 2004/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top