RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
57 巻 , 3 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
原著
  • 矢島 千秋, 保田 浩志, 鈴木 敏和
    2008 年 57 巻 3 号 p. 167-174
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/03/31
    ジャーナル フリー
    放射線医学総合研究所において,サーベイメータ校正と緊急被ばく医療時用線量計の試験を優先目的としたγ線及び中性子線照射場の構築を行った。照射装置には137Cs(7.4MBq,74MBq,740MBq,7.4GBq,74GBq),60Co(74MBq),241Am(3.7GBq),241Am-Be(185GBq),ダミーの合計9種の線源が装備されている。これまで,照射テーブル上の線量率,線量率の方向依存性及び距離依存性に関して実測による調査を行ってきた。線源から1m位置での1cm線量当量率は,γ線照射時には0.7×10-6から6.9×10-3Svh-1の範囲であり,中性子線照射時は1.3×10-4 Svh-1であることがわかった。γ線源(中性子線源)に対する線量率分布の等方的分布からのずれの大きさは,3%(4%)以内であった。γ線源中心と球形電離箱幾何中心の間の距離に対する線量率の依存性においては,照射テーブル及び壁面からの散乱線の寄与のために逆二乗則からわずかなかい離が見られた。結果として,構築した照射場の性能は優先目的に対する要件を満足するものと考えている。今後の課題は,更に高精度な照射実験を行う利用者のために,照射場の評価,整備を進展させることである。
  • 松澤 菜々子, 小池 裕也, 佐藤 純
    2008 年 57 巻 3 号 p. 175-182
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/03/31
    ジャーナル フリー
    大気中の214Pb濃度を川崎市で4時間毎に観測した。観測された大気中214Pbの月平均濃度は1.3 ~ 4.1Bq/m3であった。短寿命核種である214Pb(半減期:26.8分)の大気中濃度の24時間変動パターンは,212Pb(半減期:10.6時間)の濃度変動パターンと類似していた。短寿命の214Pbの大気中濃度変動は,短時間の局所的気象条件との間に強い関連性が観測された。大気中の214Pb濃度は,内陸部からの西寄りの風が吹き,風速が小さく,降雨のない日に高くなる傾向があった。
ノート
  • 羽根田 清文, 奥戸 博貴, 常井 祐輔, 吉岡 宗徳, 林 慎一郎, 笛吹 修治, 富永 孝宏
    2008 年 57 巻 3 号 p. 183-188
    発行日: 2008年
    公開日: 2008/03/31
    ジャーナル フリー
    Gel dosimeters are sensitive chemical dosimeters that aim at measuring the dose in three dimensions(3D). This study aims to evaluate the performance of a commercially available BANG® polymer gel. BANG® gels were irradiated using 6MV photon beams from 0.5Gy to 60Gy. The magnetic resonance(MR)spin-spin relaxation rate(R2=1/T2) of the protons indicates dose response and has a linear relationship to dose. The dose response curve by BANG® gel appeared approximately linear over the 0.5Gy and 20Gy region. The slope of the dose-R2 curve is 0.9s−1Gy−1, and the relative dose distribution can be reproduced with an overall uncertainty of about 2%. R2 was found to increase with increasing time after irradiation. BANG® gels are of comparable quality to MOSFET or PLD in terms of overall dosimetric accuracy and have the advantage of measuring continuous, cumulative 3D dose distributions.
総説
安定同位体利用技術
連載講座
中性子イメージング技術の基礎と応用
(基礎編第11回)
(応用編第11回)
資料
ライフサイエンスのためのアイソトープ測定機器(第五シリーズ)“ライフサイエンスにおけるイメージング”
feedback
Top