RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
13 巻 , 1 号
選択された号の論文の13件中1~13を表示しています
  • 小林 昌敏, 前田 頌, 沢井 照子, 永塚 澄子
    1964 年 13 巻 1 号 p. 1-6
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    金属, そのほかの材料中の酸素の挙動は重要な問題で, 放射化法による酸素の分析は深い興味が持たれている。酸素の放射化分析は種々の核反応を利用して行なわれているが, われわれは高純度アルミニウム中に含まれる酸素と, 陽極酸化による酸化皮膜中の酸素をリニヤ・アクセラレーターを利用した (γ, n) 反応により分析を行なった。
    2分間照射後, γ線スペクトロメーターを用いて0.51MeVのアニヒレーション・ピークを測定して試料中の酸素を定量した。もし, 妨害反応がなければ酸素1ppmまで定量可能であるが, ほかの核種が生成するだめに, 実際上の定量限界は20ppmである。また, 31MeVベータトロンを用いて種々の元素の生成放射能についても調べた。
  • 石橋 信彦, 鎌田 薩男, 石田 和男, 片瀬 彬
    1964 年 13 巻 1 号 p. 7-12
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    フッ素化合物中のフッ素と塩化ナトリウム中の臭素を14MeV中性子で放射化分析する研究を行なった。速中性子はCockcroft-Walton型加速器を用い, D-T反応により発生させた.分析すべきフッ素試料にはテフロン (およびテフロンFEP) , フッ化ナトリウム, フッ化カルシウム, およびケイ・フッ化ナトリウムを用い, 臭素試料には臭化ナトリウムと塩化ナトリウムの混合物を用いた。
    衝撃時間はフッ素試料に対しては120分, 臭素試料は6分とし, 50~70rpmの回転台上で衝撃した。衝撃位置での中性子束は通常約106n/cm2・sec程度であった。128チャネル (またはシングルチャネル) γ線スペクトロメーターおよび減衰曲線で調べた結果, フッ素試料から放射される7線は0.51MeVのγ線だけであり, このγ線は19Fの (n, 2n) 反応で生ずる18Fからのものであることがわかった。純臭化ナトリウムの場合には大きな0.51MeVの光電ピークと小さな0.62MeVのピークが認められた。前者は79Brの (n, 2n) 反応で生ずる78Brからのものである。大量の塩化ナトリウムが臭化ナトリウムと混合した試料の場合は, 0.51MeVのγ線の減衰は通常の片対数プロットを行なうとき直線にならない。この直線からのかたよりは34Clからのγ線によるものと考えられるので, 分析の場合にはこのγ線の放射能を全計数から差引いだ。これには純食塩を放射化させたときの放射能を用いた。
    0.51MeVの光電ピークの放射能から計算したフッ素および臭素の含量は化学分析値とよく一致した。塩化ナトリウム中の臭素は0.8%程度の含量まで比較的精度よく分析できることがわかった。
  • 重松 恒信, 田伏 正之, 合田 四郎, 玉置 健三, 西川 泰治
    1964 年 13 巻 1 号 p. 13-19
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    (1c) Pu+Be中性子源によるマンガンの放射化分析法について検討し, 鉱物中のマンガンの定量に応用した。
    減速剤にパラフインを用い, パラフインの厚さと熱中性子束の関係を調べた結果, 中性子源との距離1~2.5cmの範囲に極大値があり, 3×103n/cm2・secの熱中性子束が得られた。
    試料による自己遮蔽および自己吸収の効果を見たが, 試料250mg以上のときには両効果ともに現われた。鉱物試料 (~200mesh) 250mgを, 中性子源との距離2.5cmで17時間照射, 10分冷却してG-M計数管で放射能を測定する。
    このとき得られる放射能の減衰曲線およびガンマスペクトルは56Mnによるものであり, マンガン2%以上の試料では, ほかの成分O, Na, Mg, Si, Ca, Feなどによる影響はない。分析の誤差は5%以内である。
  • 小林 昌敏, 沢井 照子
    1964 年 13 巻 1 号 p. 20-25
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    鉄鋼に少量のウランを添加すると種々の機械的性質が改良されるということが提唱されている。本報告では鉄鋼に添加したウランの放射化分析を行なった。試料は炭素鋼にウランを0.1%と0.5%合金したもので, 中性子束1011n/cm2・sec中で数分間照射し, 約48時間後に化学分離しないで直接測定した。13/4inφ×2inNal (Tl) クリスタルつきの512チャンネルγ線スペクトロメーターを用いて239Np (半減期2.33日) の0.105MeVの光電ピークを測定した。分析結果は比色法の値とよく一致した。われわれはこの方法を2つの鋼塊中のウラン偏析の研究に応用した。
    この鋼塊中のウランの放射化分析法は, 操作が迅速, 簡単であり, ウラン濃度1%から0.0001%まで分析可能である。
  • 小林 昌敏, 永塚 澄子, 沢井 照子
    1964 年 13 巻 1 号 p. 26-31
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    高純度アルミニウム中の不純物を放射化分析法により定量するにあたり, 不純物のうちで比較的生成されやすい核種について, 簡単な系統的分離法を試みた。すなわち, 不純物から生成される核種について, これを半減期により2つのグループに分け, 比較的半減期の短い銅, アンチモン, ガリウムについては沈殿分離法を, 半減期の長いスカンジウム, 鉄, 亜鉛, カドミウムについては陰イオン交換分離法を適用した。測定は512チャンネルγ線スペクトロメーターにより, 標準試料との比較法で定量した。本法による操作時間はいずれも約5時間以内で沈殿分離法により銅 (2×10-5g) , アンチモン (5×10-7g) , ヒ素 (8×10-8g) , ガリウム (3×10-7g) を, 陰イオン交換分離法によりスカンジウム (6×10-8g) , 鉄 (4×10-5g) , 亜鉛 (9×10-6g) , カドミウム (7×10-8g) を定量した。
  • 山田 芳雄
    1964 年 13 巻 1 号 p. 32-38
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    本報告では土壌中におけるNi, Cu, Zn, Mo, Coの放射化分析を詳細に述べている。土壌および既知量の元素を含む標準試料を原子炉に挿入し, 14時間同時に照射した。ついで担体を加え系統的に放射化学的分離を行なった。土壌中および標準試料中のこれら元素にもとづく放射能を計数し, βおよびγの計数値から元素の含量をそれぞれ計算によって求めた。厩肥を永年施用した土壌と施用しなかった土壌の分析結果は, 厩肥が土壌中の微量元素含量をわずかに増加させる効果を持つことを示している。
  • 渋谷 政夫
    1964 年 13 巻 1 号 p. 39-45
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/09/07
    ジャーナル フリー
    本研究は日常の農業研究に使用し得る放射化分析法を確立するために行なったもので, 作物体中の微量金属成分の系統的非破壊放射化分析および作物, 土壌中の個々の希土類元素を分離定量する放射化焦点クロマトグラフィによる放射化分析法を研究した。すなわち, 非破壊法については水稲茎葉100mgを用い, 化学分離操作を省いた中性子照射とγ-ray spectrometryのみを用い, Mn, Na, Cu, Zn, Sbを同一試料を用いて逐次分析する系統的非破壊法を確立した。また, 作物・土壌中の希土類元素を分離定量するため, 焦点クロマトグラフィと放射化分析法とを組み合わせて放射化焦点クロマトグラフィを確立した。この方法は分離が10分以内にでき容易に定量することができた。この方法により4種の土壌およびその土壌に正常に生育した水稲茎葉中の希土類元素を分析した結果, Laがもっとも多くSm, Euの順に含まれ, Tb, Tm, Ybはきわめて微量であった。
  • 谷 彰, 松島 安義
    1964 年 13 巻 1 号 p. 46-49
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 辻 治雄
    1964 年 13 巻 1 号 p. 50-52
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 中井 敏夫, 亀本 雄一郎
    1964 年 13 巻 1 号 p. 53-79
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 岡田 実
    1964 年 13 巻 1 号 p. 80-91
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 西垣 晋
    1964 年 13 巻 1 号 p. 92-97
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 1964 年 13 巻 1 号 p. 98-111
    発行日: 1964/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top