RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
51 巻 , 1 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 杜 伯学, 小林 繁雄
    2002 年 51 巻 1 号 p. 1-9
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    原子力利用や宇宙空間での研究を初めとして, 電気・電子機器などに組み込まれている有機絶縁材料は放射線の存在する環境下で使用される機会が増えている。本論文は, 有機絶縁材料の表面放電特性に及ぼすγ線照射の影響について検討した。試料としては, 変性ポリフェニレンオキサイド, ポリブチレンナフタレート, ガラス布基材エポキシ樹脂積層板およびポリブチレンテレフタレートの4種類を使用した。試料へのγ線照射は60Coのγ線源を利用して空気中で行った。照射線量率は10kGy/h, また, 照射全線量は100kGyおよび1MGyである。針電極と板電極を試料の表面に対向させて配置し, 印加電圧波形を直流インパルスとした場合の放電量を測定した。その結果は, γ線の照射に伴い材料表面の接触角が小さくなる材料は放電量が大きくなり, 接触が大きくなる材料は放電量が小さくなる。変性ポリフェニレンオキサイド, ポリブチレンナフタレートおよびガラス布基材エポキシ樹脂積層板の場合はγ線の照射によって放電量が少なくなる傾向を示した。ポリブチレンテレフタレートの場合ではγ線照射量の増加とともに放電量が大きくなった。以上の結果から, 試料表面の放電量がγ線の照射により架橋するタイプの試料は少なくなり, 一方, 分解するタイプの試料は多くなることを示した。
  • 橋本 哲夫, 中川 貴博, 森本 隆夫, 植頭 康裕, 高野 雅人
    2002 年 51 巻 1 号 p. 10-18
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    石英粒子からの放射線誘起ルミネッセンスである, 熱ルミネッセンス (TL) と光励起 (または刺激) ルミネッセンス (OSL) から, 残留している蓄積天然放射線線量を評価した。新潟地域の砂丘砂から分離した石英粒子試料からは例外なく赤色TL (RTL) 特性を有していることを確認できたので, このRTLと高輝度青色発光ダイオード (BLEDで470nmに発光ピークを有する) 光励起で観察される, 400nmから300nm波長域のOSL測定により蓄積線量を求めることとした。ルミネッセンス測定は, 小型X線発生器を備えたルミネッセンス (OSL/TL) 自動測定システムを使用し, 単分画 (single aliquot) 法を適用した。その結果, RTL測定により, 柏崎・刈羽地区ではほぼ250Gy, 阿賀野川河口付近ではほぼ450Gyの値が天然蓄積線量として評価できた。一方, OSL測定からは有意の線量評価は不可能であった。鉱物からの残留蓄積放射線の測定は, 地質・考古学や原子力・放射線関連施設周辺の環境放射線のバックグラウンド調査としても重要であろう。
  • 井上 浩義, 鹿子島 眞弓
    2002 年 51 巻 1 号 p. 19-25
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    The membrane characteristics controlling 125I and 36Cl transport across anion exchange paper membranes are examined using four different ion exchange capacities paper membranes treated with trim ethylhydroxypropylamino group. Nonequilibrium thermodynamic analyses for the paper membrane transport process are carried out based on transmembrane potential, membrane conductance, and ion flux measurements. The electroconductive membrane, permeabilities representing the solution membrane ion distribution due to electrostatic effects, and the diffusional membrane permeabilities, representing the migration speed of ions within the membrane phase, for 125I are higher than those for 36Cl in all cases. In the paper membrane treated with trim ethylhydroxypro-pylamino group, 125I diffusion or 125I solution/membrane distribution process can be improved by increasing the concentration of anion exchange sites in the paper membrane. These findings indicate the potential utility of paper membranes prepared in this way for separating 125I from radioactive waste that has been contaminated with chloride ions. The 125I transport performance of such systems may be improved with the use of other anion-exchange groups.
  • 三枝 純, 吉澤 道夫, 谷村 嘉彦, 吉田 真
    2002 年 51 巻 1 号 p. 26-33
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    Dose conversion coefficients from neutron fluence to operational quantities have been changed with the revision of radiation protection ordinances in Japan in April 2001. The influences of the revision were examined for the popularly used neutron dosemeters. It was shown, as a result, that the relative energy response to dose equivalent was not so changed by the revision.
    In addition, various dosemeters were examined on the ratios between the reading and true dose equivalent, when they were used in the various neutron fields. The percentages of the cases whose ratios were within 1-2 were 23-77% and 9-82% in 180 fields, for the representative rem counters and personal dosemeters, respectively, when the dosemeters were calibrated with 252Cf source.
  • 米倉 義晴, 定藤 規弘
    2002 年 51 巻 1 号 p. 34-41
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 松田 秀晴, 湊 進, Vincenzo PASQUALE
    2002 年 51 巻 1 号 p. 42-50
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
  • 石井 慶造
    2002 年 51 巻 1 号 p. 51-52
    発行日: 2002/01/15
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top