RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
61 巻 , 4 号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
原著
技術報告
  • 中山 将人, 藤樫 由佳, 原 正憲, 松山 政夫
    2012 年 61 巻 4 号 p. 179-183
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    富山大学水素同位体科学研究センターにおいて,これまでトリチウム水を測定する際に使用していたLumaSafe Plusというシンチレータが急きょ販売中止となり,よってその代替シンチレータとして,Ecoscint XRとUltima Gold ABの特性を調べた。Ecoscint XRでは,測定値の不確かさがおよそ10%以内となったものの,酸等を含む試料水で計数効率の大幅な低下が見られた。一方,Ultima Gold ABでは,測定値の不確かさはほぼ同程度であったが,計数効率の低下は見られなかったため,当センターでの実験に使用する試料水に適した代替品であると判断された。
  • 古田 悦子, 草間 経二
    2012 年 61 巻 4 号 p. 185-192
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    東京電力福島第一原発事故以来,多くの人々が放射線測定の目的で線量計を購入した。しかし,各簡易型線量計がμSv/h単位で示す値は,必ずしも一致しない。このため,測定器が信頼できるのか否かが問題となった。容易に入手可能な簡易型線量計11機種について,JIS Z4333に基づいた記載があるか否かを調べた。さらに,密封及び非密封β,γ放射線源を用いた測定を行った。その結果,GM計数管でβ線測定が可能となっている機種であっても,β線の測定が不可能なものも存在した。使用方法,及び測定器添付の性能表記載の問題点を明らかにし,製造者等への提案をまとめた。
総説
  • 成合 英樹
    2012 年 61 巻 4 号 p. 193-207
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    2011年3月11日14時46分に東日本に巨大地震が発生し,その40分~1時間後に大津波が東北関東地区を襲ったが,これにより東日本大震災と名付けられた震災となった。地震と津波は,東京電力(株)福島第一原子力発電所で運転中の3基の原子力プラントの燃料溶融を伴う苛酷事故(シビアアクシデント)を生じさせた。これにより放射性物質が大気中へ放出し,発電所周辺住民の避難がなされた。この事故の収束への活動が始められたが,この事故から多くの教訓が得られた。事故の状況と事故収束のための東京電力や国等の取組み,教訓と対応をレビューし,最後にこの事故の基本的要因に関わる筆者の思いを記す。
連載講座
放射線治療
  • 小野 公二, 鈴木 実, 増永 慎一郎, 近藤 夏子, 櫻井 良憲, 田中 浩基, 木梨 友子, 丸橋 晃
    2012 年 61 巻 4 号 p. 209-222
    発行日: 2012年
    公開日: 2012/04/28
    ジャーナル オープンアクセス
    BNCTは腫瘍に集積した10B化合物と中性子の核反応による極短飛程,高LETのα粒子でがん細胞を選択性良く破壊する療法である。米国で始まった研究は我が国での基礎・臨床研究,特に1990年代の研究成果に支えられ21世紀に入って大きな飛躍を遂げつつある。対象腫瘍は悪性脳腫瘍,黒色腫から再発頭頸部腫瘍,多発肝臓癌,肺癌(悪性胸膜中皮腫)等へ広がり,研究炉に替わる加速器中性子源が世界に先駆けて我が国において開発された。
feedback
Top