RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
50 巻 , 7 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 小嶋 拓治, 橘 宏行, 羽田 徳之, 金子 広久, 春山 保幸, 田中 隆一
    2001 年 50 巻 7 号 p. 291-300
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    現在, 医療用具の滅菌等放射線加工処理では, 広い照射場が得られるように60Coγ線板状線源を用い100-10000Gy/h程度の線量率を利用している。こうしたパノラミックな (コリメートされていない) 照射場の特性や線量率範囲は, 点線源を用いたコリメートされた比較的低い線量率の照射場をもつ現在の線量標準機関と異なっていることから, この分野における線量トレーサビリティをもたせることは容易でない。そこで, 日本原子力研究所 (原研) では, 国家標準である経済産業省産業技術総合研究所 (産総研) における線量率範囲も含み広い範囲5-20000Gy/hをカバーする60Coγ線照射場を二つの大線量用線源を用いて構築し, この照射場において平行平板型電離箱システムに基づく大線量校正技術を開発した。原研での線量校正が産総研とトレーサビリティをもつことを技術的に明らかにするため, 線量率範囲10-100Gy/hオーダーの産総研で与えられた電離箱の校正結果, すなわち電流から照射線量率への換算係数は, 照射場の特性のちがいに関わる補正をせず, 高線量率5-20000Gy/hにおいても有効であることを示した。また, 不確かさ2.2% (95%信頼度相当) で線量0.5-160000Gyを校正できることを明らかにした。
  • 野口 正安, 小峰 隆志, 上沖 寛, 松本 幹雄
    2001 年 50 巻 7 号 p. 301-307
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    標準面線源を用いてGe半導体検出器からの距離を変数とする面線源に対するピーク効率を求め, それを積分することによって任意の厚さと媒体の容積線源に対するピーク効率を計算する方法を検討した。従来の標準容積線源を用いる方法に比べて, この方法の長所は次のとおりである。正確な位置 (高さ) 決めと高い均一性のためピーク効率の精度が高い。1個の標準面線源を用いて, 任意の媒体の容積試料に適用できる。また, 線源の保管やコストの点でも有利である。なお, 容積線源におけるサム効果の補正に関する問題点が明らかになった。
  • 森脇 一成, 小幡 純, 江澤 庸博, 続橋 治, 新福 泰弘, 牧村 正治, 白石 文夫
    2001 年 50 巻 7 号 p. 308-312
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    Some toy badges that we obtained emitted fluorescence strongly, when there were irradiated by an ultra violet lamp in a darkroom. They were left on X ray negative films for several hours and one of them blackened films. Owing to these facts, we doubted if it is a radioactive material. In order to search if it is a radioactive material or not, a portion of the badge paint was examined by a liquid scintillation analyzer and an ammeter which is connected to a photo diode. Consequently, the badge paint was not identified a radioactive material. Then, to find the reason why some badges emitted under an ultra violet lamp and one badge paint blackened X ray negative films, neutron activation analysis was applied to the badge paint sample. As a result, we finally found that the badge paint was made of phosphorescent phosphor because it contains aluminum.
  • 阿部 利明, 山本 久夫, 法村 俊之, 片瀬 彬
    2001 年 50 巻 7 号 p. 313-316
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
    The effect of the weak leakage magnetic field on the response of a scintillation survey meter for 125I is studied. The counting rate and the magnetic flux density are measured on the planes above the surface of an analog meter. The meter produces the weak leakage magnetic field. With the presence of the magnetic field, the counting rate for background radiations increases, whereas that for radiation from 125I decreases considerably. The spectra of these radiations are observed to be shifted to the lower energy side. An amplification factor of the photomultiplier tube connected with the scintillator is reduced by the magnetic field. The variation of the counting rate is therefore ascribed to the shift of the spectra. When the main part of the spectrum enters the window set by the single channel pulse height analyzer of the survey meter, the counting rate increases. On the other hand, when the part leaves the window, the counting rate decreases. These results show that when radioactive contamination is checked with the scintillation survey meter, it is necessary to be more careful about the effect of the leakage magnetic field.
  • 田丸 浩太郎, 手島 豊志, 岡 俊英, Gamal Mohamed HASSAN, 池谷 元伺
    2001 年 50 巻 7 号 p. 317-325
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
  • 薬学部会サイクロトロン核医学利用専門委員会
    2001 年 50 巻 7 号 p. 326-329
    発行日: 2001/07/15
    公開日: 2011/03/14
    ジャーナル フリー
  • 2001 年 50 巻 7 号 p. 330
    発行日: 2001年
    公開日: 2010/07/21
    ジャーナル フリー
feedback
Top