RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
53 巻 , 7 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 吉田 秀行, 秋鹿 昌弘, 息 明雄, 伊吹 裕子, 五島 廉輔
    2004 年 53 巻 7 号 p. 405-413
    発行日: 2004/07/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    自然の空間線量率と原子力施設の小さな事故による空間線量率の変動を識別することは, 放射線管理の観点から重要である。そのため, 平常時の空間線量率の正確なデータを把握していなければならない。空間線量率は, 気象条件や地形及び地質によって影響を受ける。著者らは, 静岡県の浜岡原子力発電所周辺における晴天時及び雨天時の空間線量率の変動要因について検討した。空間線量率の変動は, 晴天時には, ラドン娘核種濃度に依存し, 雨天時には, ウラン系列からのγ線に依存した。空間線量率の変動へのトリウム系列及び40Kからのγ線の寄与は, 観察されなかった。
  • 狩野 直樹, 佐藤 明史, 今泉 洋
    2004 年 53 巻 7 号 p. 415-425
    発行日: 2004/07/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    新潟県における近年の環境水の同位体的・化学的特徴についての知見を得ること, 更には環境水動態の新たな評価方法を確立するため, 新潟県のいくつかの河川水や地下水について, 酸素安定同位体比 (δ18O) 及び主要イオン濃度, pH, 電気伝導度の測定を行った。その結果, 以下のことが明らかになった。 (1) 河川水中のδ18O値は, 概ね-11‰~-10‰の値を示す, (2) 地下水のδ18O値は, 河川水より平均1.5‰程度高く, また年間の変動幅も±1.0‰程度と小さい, (3) 河川水上流部近傍の地下水よりも河川水下流部近傍の地下水の方が, 年間を通して高いδ18O値及び電気伝導度を示す, (4) 大部分の主要イオンにおいて, 夏期と冬期に, その濃度が高くなり, 春期に濃度が低くなる傾向を示す, (5) 周辺地下水の主要イオン濃度の方が河川水の主要イオン濃度より全体的に高い値を示す, (6) 河川水において, 上流から下流に向かうにつれ, 主要イオン濃度は高くなる傾向を示す, (7) 河川水におけるδ18Oと電気伝導度との相関関係は, 上流部ほど (下流部に比べて) 良い (上流部ほど両者の相関係数が高い) 。
  • 吉岡 勝廣, 湊 進
    2004 年 53 巻 7 号 p. 427-433
    発行日: 2004/07/15
    公開日: 2011/03/01
    ジャーナル フリー
    To study the relation between the terrestrial γ-ray dose rate and subsurface geology, the γ-ray dose rate has been surveyed at 213 points in Okinoshima, an island situated in the Japan Sea, with a γ-ray survey meter. The results of this observation are the mean value of terrestrial γ-ray dose rate at 213 points = 57.1 nGyh-1, the standard deviation =15.2 nGyh-1, the maximum value =107.2 nGyh-1, and the minimum value=23.1 nGyh-1. On the soil of the basement rock in Okinoshima, the terrestrial γ-ray dose rate of Oki-gneiss is 72±15 nGyh-1, which is about 1.6 times as big as the reported value for metamorphic rock and others are the same in the literatures. It is considered that the terrestrial γ-ray dose rate of Okigneiss has been more strongly affected by the granitic magma which has been interpenetrated in the process of this formation. In Okinoshima, it is suggested that the geological features of the basement rock remain in the surface soil, due to a good correspondence between the geographical distribution of terrestrial γ-ray dose rate and the subsurface geology. And then, in the relation between the terrestrial γ-ray dose rate and the atmospheric 222Rn concentration, the magnitude of 222Rn concentration is smaller than this of place on large land area. Because of a small land area in Okinoshima, this is caused that the land air is mixed with the sea air by the advection for a long time except the time from the sunset to around the midnight. It is suggested that the time and space change characteristic of the diffusion and mixture process is different in contrast to a place of large land area.
feedback
Top