RADIOISOTOPES
Online ISSN : 1884-4111
Print ISSN : 0033-8303
ISSN-L : 0033-8303
49 巻 , 6 号
選択された号の論文の8件中1~8を表示しています
  • 今泉 洋, 坂井 秀行, 狩野 直樹
    2000 年 49 巻 6 号 p. 285-291
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
    一つの分子中に三つの官能基を有する芳香族化合物の反応性を, 官能基別に明らかにすることを目的とし, 二置換フェノールとトリチウム水蒸気 (HTO蒸気) との間で起こる水素同位体交換反応 (T-for-H exchange reaction) を, 固気系において速度論的に観測した (50, 60, 70℃) 。その結果得られた観測値は時間の増加とともに増加し, T-for-H交換反応が起こったことがわかった。これらのデータに.A″-McKayプロット法を適用して速度論的にこの反応を解析した結果, この反応における各官能基の速度定数 (k) が得られた。これらのkと以前得られたkとを相互比較した。また, 本研究で得られたkにHammett則の加成性を適用し, 新たな値を算出した。その値を, 以前得られたHammettプロット上に載せた。以上の結果から, 次のことが明らかになった。 (1) 本研究での手法を使うと, 互いに異なる官能基の反応性を相互比較できる。 (2) これらの官能基の反応性を速度論的に解析することができ, その解析にはA″-McKayプロット法が有効である。 (3) これらの官能基の反応性の定量比較には, 有機化学の分野で物質の化学反応性を比べるのに用いられているHammett則の加成性が適用できる。 (4) これらの官能基の反応性をT-for-H交換反応を使って, 同時に (変化させないで) 解析することができる。 (5) 本研究で使った手法は, 多種の官能基を有する化合物の反応性を官能基別に解析するのに有効である。
  • 松本 隆裕, 三好 弘一, 佐藤 一雄, 岸 太郎, 吉野 富雄, 西谷 弘
    2000 年 49 巻 6 号 p. 292-297
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
    99mTc-HMDPおよび-MDPの骨への集積過程を9対象 (99mTc-HMDPに5, 99mTc-MDPに4) について調べた。血液中の99mTc化合物はラジオ薄相クロマトグラフィで分析し, 放射能はシンチレーション検出器で測定し, また, 両薬剤の骨への集積は骨シンチグラフィで調べた。投与後2時間で血液中から99mTc-HMDPおよび-MDP化合物の83, 87%がそれぞれ消失し, これらの割合は3時間後においてもほとんど変わらなかった。また, 両薬剤に含まれた99mTcO-4の大部分が血液中から消失する一方で, 血液中に少量の未知99mTc化合物が生成した。一方, 骨への99mTc-HMDPの集積については, 軟部組織に対する腰椎椎体の放射活性比が3時間後に1.5±0.5となって, 骨への集積過程で平衡状態が成立し, 全対象において良好なシンチグラムが得られた。
    以上の結果は, 両薬剤の骨への集積がヒドロキシアパタイト表面への早い化学吸着と, 骨の細胞や有機質中を移動して取り込まれる遅い集積の二つの機構によることを示唆している。
  • 中村 綾子, 山野 豊次
    2000 年 49 巻 6 号 p. 298-304
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
    A new concept called 1cm dose equivalent rate constant with shielding effect is introduced for estimation of radiation dose. This new concept represents an expansion of the former standard 1 cm dose equivalent rate constant (defined as μSv·m2·MBq-1·h-1) adjusted attenuation for any given thickness of shielding material (iron, lead and concrete) . The 1cm dose equivalent rate constant with shielding effect for various shielding conditions can be rapidly computed with a free-software application, KINGS-B621, which may be easily downloaded from the internet. The computed rate constants can be put out as text files which are compatible with commercially available spread-sheet software, so it is easy for users to apply the data to creation of documents concerning radiation dose.
  • 馬場 宏
    2000 年 49 巻 6 号 p. 305-317
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
    History of the synthesis and discovery of heavy elements starting from 93 is reviewed. This article describes the story of thrilling competition for the discovery of new elements with increasing difficulties as the atomic number increases, beginning the 93 element, neptunium. Particularly, competition between USA and USSR has lasted from 102 to 106 element and was unsettled until a new aspect was developed in relation with the superheavy elements theoretically predicted. Here, the search of naturally occurring superheavy elements is briefly explained as an introduction to the present and future perspectives of the research on the superheavy elements which is appearing in the succeeding article.
  • 武田 洋
    2000 年 49 巻 6 号 p. 319-322
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
  • 山室 成一
    2000 年 49 巻 6 号 p. 323-324
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
  • 藤井 博史
    2000 年 49 巻 6 号 p. 325-327
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
  • 入江 俊章
    2000 年 49 巻 6 号 p. 329-331
    発行日: 2000/06/15
    公開日: 2011/03/10
    ジャーナル フリー
feedback
Top