繊維製品消費科学
Online ISSN : 1884-6599
Print ISSN : 0037-2072
ISSN-L : 0037-2072
最新号
選択された号の論文の11件中1~11を表示しています
時辞刻告
解説
シリーズ「苦情品診断学実践講座」
シリーズ「SDGsへの取り組みと環境配慮型繊維」
第36回消費科学講座講演より
資料
  • 葛原 亜起夫, 志賀 由梨, 竹内 くるみ, 歌川 優希, 植木 美波, 井坂 歩美
    2020 年 61 巻 5 号 p. 373-380
    発行日: 2020/05/25
    公開日: 2020/05/25
    ジャーナル フリー

    アルカリ電解水を用いた新しい洗浄システムを開発することを目的とし,洗浄温度が及ぼす特殊電解還元水(ERW)の洗浄性への影響について究明を行った.洗浄性は,洗浄による湿式人工汚染布と原白布の表面反射率の変化から評価した.つけおき洗浄,および本洗い洗浄において,洗浄温度が高くなるにつれて5 倍希釈ERW の洗浄率が向上することが判明した.また,5 倍希釈ERW の洗浄率は,市販液体洗剤(標準使用量)のそれに比較して高く,このことは,ERW が優れた洗浄性能を有していることを示唆している.特に40℃において,5 倍希釈EWR のつけおき洗浄のみ(洗浄時間15 分)の洗浄率は,市販液体洗剤を用いた本洗い洗浄(洗浄時間10 分)と同等レベルであり,ERW を用いたつけおき洗浄が,被服の損傷を抑制する上で,有効な手段であることを示唆している.さらに,ERW を用いたつけおき洗浄において,洗浄温度,およびすすぎ工程時の浴比と機械力が,汚れを除去する上で重要な役割を果たしていることを明らかにした.

報文
  • 加藤 礼菜, 坂下 理穂, 諸岡 晴美, 林 詩苹, 沈 培德
    2020 年 61 巻 5 号 p. 381-390
    発行日: 2020/05/25
    公開日: 2020/05/25
    ジャーナル フリー

    本研究では,身体負荷軽減効果をもつコンプレッション型ランニングタイツ(Cp 型タイツ)の圧設計を導出することを目的として,タイツの圧強度および圧分布が筋電図,心電図,呼吸機能に及ぼす影響を検討した.市販のCp 型タイツを用いて,20 歳代の女性6 名を被験者とし,8km/h 走行で35 分間の着用実験を実施した. その結果,下腿内側を除き,Cp 型タイツ各部の衣服圧が高いほど積分筋電図(iEMG)が低く,iEMG が低いほど平均周波数が高くなる傾向がみられた.このことから,Cp 型タイツの衣服圧が 姿勢保持筋のサポートと,大腿筋や下腿筋のブレ抑制に働き,筋負荷と筋疲労を低減させる効果があることがわかった.また,心拍数やLF/HF,分時換気量においても,Cp 型タイツで生体負荷が低い傾向がみられ,高い衣服圧をもつタイツほど生体負荷が低い傾向がみられた.しかし,下腿内側を含む下腿後面に幅広く強伸縮部を配したCp 型タイツにおいて,腓腹筋内側頭のiEMG が高くなる傾向がみられたことから,走行時の筋の収縮による膨隆を阻害しない程度の衣服圧設計が必要であることがわかった.

交さ点
情報トピックス
繊維 国内トピックス
feedback
Top