糖尿病
Online ISSN : 1881-588X
Print ISSN : 0021-437X
ISSN-L : 0021-437X
48 巻 , Supplement1 号
選択された号の論文の14件中1~14を表示しています
劇症1型糖尿病シンポジウム
 
  • 花房 俊昭, 今川 彰久, 岩橋 博見, 内潟 安子, 金塚 東, 川崎 英二, 小林 哲郎, 島田 朗, 清水 一紀, 丸山 太郎, 牧野 ...
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A1-A13
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    [目的] 我が国で確立された新しい臨床病型「劇症1型糖尿病」について, その疫学的・臨床的特徴を明らかにするとともに, 本疾患の診断基準を策定するため, 日本糖尿病学会の中に「劇症型糖尿病調査研究委員会 (以下委員会と略す) 」が組織された.
    [方法] 本委員会は, 2つの調査研究を行った. まず, 調査研究1として, 委員の所属施設およびその関連施設を中心に, 劇症1型糖尿病の発症頻度を調査した. 次いで, 調査研究2として, 日本糖尿病学会会員に広く呼びかけ, 全国から劇症1型糖尿病が疑われる症例を収集し, その中から劇症1型糖尿病患者を認定した. これに調査研究1で判明した劇症1型糖尿病患者を加えた劇症1型糖尿病患者群と, 調査研究1で収集された自己免疫性1型糖尿病患者群とを比較して, 劇症1型糖尿病の病態を解析し, その特徴を明らかにした. 次に, これら劇症1型糖尿病の特徴を踏まえ, 「スクリーニング基準」および「診断基準」の策定を行った.
    [結果] 調査研究1の結果, わが国では, ケトーシスあるいはケトアシドーシスで発症した1型糖尿病の19.4% (222名中43名) が劇症1型糖尿病であることが判明した. また, 137名が自己免疫性1型糖尿病と判定された. 調査研究2では, 全国から寄せられた症例のうち118名が劇症1型糖尿病と判定された. これに, 調査研究1で判明した劇症1型糖尿病患者43名を加えた合計161名の劇症1型糖尿病患者について検討したところ, 劇症1型糖尿病の発症に地域性や季節性は認められなかった. また, 自己免疫性1型糖尿病患者137名と比較した結果, 劇症1型糖尿病の特徴として次のことが明らかになった : 罹病期間が有意に短いこと, 前駆症状として感冒様症状 (発熱, 咽頭痛など) や消化器症状 (上腹部痛, 悪心・嘔吐など) が多いこと, 意識障害を来す頻度, 血糖値, 妊娠中または出産直後の発症者, 膵外分泌酵素の上昇頻度, 血清K値が有意に高いこと, 一方, 罹病期間, HbA1c値, 尿中・血中Cペプチド値, 動脈血pH, 血清Na値は有意に低いこと. 抗GAD抗体などの自己免疫性1型糖尿病に特異的な膵島関連自己抗体は, 95.2%の例で陰性であった. 陽性者においても, ほとんどの場合その抗体価は低値であった. これら2つの調査研究の結果を踏まえ, 委員会では, 劇症1型糖尿病を見逃さないための「スクリーニング基準」および, 劇症1型糖尿病を確実に診断するための「診断基準」を策定した.
    [結論] 本調査研究により, 自己免疫性1型糖尿病とは異なる劇症1型糖尿病の疫学的・臨床的特徴がさらに明らかになった. また委員会は, 本疾患を見落とさないための「スクリーニング基準」と, 確実に診断するための「診断基準」を策定した. 劇症1型糖尿病は, 見落としや治療開始の遅れが直ちに患者の死につながる疾患である. 本委員会が策定した基準を利用することにより, 劇症1型糖尿病によって不幸な転帰をとる方が一人も生じないよう, 強く希望する.
  • 清水 一紀, 牧野 英一, 花房 俊昭, 今川 彰久, 内潟 安子, 川崎 英二, 金塚 東, 小林 哲郎, 島田 朗, 丸山 太郎
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A15-A19
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病は妊娠に関連して発症することが知られている. 今回劇症1型糖尿病調査委員会の全国調査で登録された妊娠関連発症 (PF : fulminant type 1 diabetes associated with pregnancy) 19例と, 妊娠可能年齢の非妊娠関連発症 (NPF : fulminant type 1 diabetes not associated with pregnancy) 48例のクラスII HLA血清型を比較検討した. PFのHLA DR9-DQ3 haplotypeはNPF (p=0.0323) 及びコントロール (p=0.0003) に比し有意に高頻度であった. 一方, NPFのDR4-DQ4 haplotypeはPF (p=0.0157) 及びコントロール (p<0.0001) に比し有意に高頻度であった. また, PFのDR9 allele homozygotes及びNPFのDR4 allele homozygotesはそれぞれ他の2群に比し有意に高頻度であった. これらの結果より妊娠関連発症例と非妊娠関連発症例では1型糖尿病感受性クラスII HLAは異なっており, 劇症1型糖尿病の発症を考える上で興味が持たれた.
 
  • 宮本 茂樹, 染谷 知宏, 志賀 健太郎, 菊池 信行, 朝山 光太郎, 河田 泰定
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A21-A22
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病は, 成人に多く, 小児期発症は少ないと考えられている. 初診時HbA1c値が正常範囲内でケトアシドーシス (DKA) を呈した小児3例を報告する. 3症例の年齢, 性別, 診断までの有症状期間, 血糖, HbA1c, pH, β-OHBAは, それぞれ10歳~15歳, 女2名, 男1名, 2日~4日, 791~1,524mg/dl , 5.4~5.7%, 6.98~7.24, 10,604~12,603μmol/l であった. Cペプチドは全例低値, 抗GAD抗体, および抗IA2抗体は全例陰性, HLA-DR抗原型は2例がDR4/9, 1例がDR4であった. 全例インスリン療法継続中であり, いわゆる寛解期を認めなかった. 劇症1型糖尿病は, 成人に多いと思われるが今回, DKAでの発症ながらHbA1c値が正常範囲内であった小児期発症の3例を報告した.
  • 西田 亙, 長谷部 晋士, 川村 良一, 柱本 満, 大沼 裕, 大澤 春彦, 牧野 英一
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A23-A27
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    症例は35歳, 女性. 2003年 (平成15年) 6月11日, 37.3℃の発熱と全身〓怠感が出現し, 近医を受診. 翌日には解熱したが, その後も全身〓怠感は持続し, 6月14日朝食後より悪心・嘔吐, 午後からは強い口渇感・多飲・多尿が出現した. 翌15日近医を受診したところ, 高血糖 (905mg/dl ) とケトーシスを指摘され, 緊急入院. 直ちにインスリン療法が開始されたが, 血糖コントロール不良のため, 6月19日当科へ転院した. 高血糖にもかかわらずHbA1c 6.0%と低値, 食後血中CPR 0.3ng/ml と低下, 膵島関連自己抗体陰性であったことから, 劇症1型糖尿病と診断した. 来院時の血清コクサッキーB3ウイルス中和抗体価は, 512倍と高値であった. 劇症1型糖尿病の発症機序については, 未だ不明であり, 発症に同ウイルスが関与している可能性が示唆された貴重な症例と考えられたので報告する.
  • 草鹿 育代, 長坂 昌一郎, 中村 友厚, 谷田貝 利光, 石橋 俊
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A29-A32
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病の臨床像を明らかにするため, 1990年から2003年までの間に, 急性発症しインスリン依存状態を示した112例を検討した. 発症時のHbA1cが8.5%未満で, 症状出現後2週間以内にケトーシス, インスリン依存状態を示したものをA群 (20例), その他をB群 (73例), HbA1c不明のものをNA群 (19例) とした. A群女性7例のうち3例が妊娠中ないし分娩後の発症. A群, B群+NA群で自己抗体陽性の者, 自己抗体陽性のSPIDDMでHLA genotypeを比較すると, DRB1*0405ホモはA群で25% (5/20), B群+NA群で7% (4/61), SPIDDMで6% (4/68) であり, A群で有意に高率 (P<0.05). 当院での劇症1型糖尿病に相当する発症様式を示した症例の頻度は, 急性発症1型糖尿病の約20%を占め, 女性では妊娠関連の発症を多く認めた. HLA DRB1*0405ホモが疾患感受性に関与すると考えられた.
  • 栗原 進, 粟田 卓也, 大久保 智子, 犬飼 浩一, 片山 茂裕
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A33-A36
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病7例の臨床的, 遺伝学的因子を検討した. 発症時の血糖値は1046±250mg/dl, 全例がケトアシドーシスを示したが, HbA1cは5.2~6.6%と低値であった. 抗GAD抗体, 抗IA-2抗体は全例陰性であり, 発症時の血清アミラーゼ上昇は5例で認めた. 血中CPRは全例低値で, 3例は負荷後も感度以下であった. 全例寛解期を認めず, 不安定型糖尿病となった. HLAでは, 5例が1型糖尿病感受性ハプロタイプを有し1例がDRB1*0405-DQB1*0401のhomozygote, 2例がDRB1*0901-DQB1*0303のhomozygoteであり, 1例のみ感受性保有せず抵抗性であるDRB1*1501-DQB1*0602のheterozygoteであった. インスリン枯渇と関係すると報告されているA*2402は6例中3例に認め, 若年発症と関連すると報告されているHLA-DPB1*0201は6例中4例に認めた. CTLA-4遺伝子G49A多型のG alleleの遺伝子頻度は71%であった. 劇症1型糖尿病の遺伝的要因は自己免疫性1型糖尿病の遺伝的要因とオーバーラップする点が多いものと思われたが, 今後さらに多数例での検討が必要である.
  • 高池 浩子, 内潟 安子, 実重 真紀, 大澤 真里, 丸山 聡子, 岩本 安彦
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A37-A40
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    姉は劇症, 妹は非劇症1型糖尿病の症例を経験した. 姉は1989年 (29歳) に感冒様症状を前駆症状として, 自覚症状が出現して5日後に糖尿病性ケトアシドーシスを発症した. pH 7.059, HbA1c 7.3%であり, 尿中C-ペプチドは0.6μg/dayと著明に低下し, 膵酵素の上昇を認めた. ただちにインスリン療法が開始された. 妹は14歳時に数カ月間で体重減少を認め, 空腹時血糖307mg/dl で近医へ緊急入院となった. 1型糖尿病と診断され, インスリン療法が開始された. 発症11年後, 当院初診時の食前後の血中C-ペプチドは0.1ng/ml であった. 姉と妹がなぜ異なる形式で1型糖尿病を発症したかは不明である. 妹だけがHLA-A24を有していたことを特記したい.
  • 山田 悟, 大久保 佳昭, 島田 朗, 渥美 義仁, 丸山 太郎, 猿田 享男
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A41-A44
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    我々は, 診断時に一過性に膵頭部腫大を示した1例を経験した. 劇症1型糖尿病の成因や病態を考える上で貴重な症例と考え, 報告する. 症例は57歳, 男性. 2002年2月初旬より感冒様症状があり, 2月10日午後, 突然, 口渇, 多尿が生じた. 12日朝までに3kgの体重減少も認め, 同日慶應義塾大学病院を受診. 血糖758mg/dl, pH7.194, 尿ケトン体3+より糖尿病性ケトアシドーシスと診断され, 北里研究所病院に搬送された. HbA1c5.7%, インスリン分泌の枯渇, 膵酵素の一過性上昇より劇症1型糖尿病と診断した. 第4病日の腹部CT所見で膵頭部の腫大を認めたが, 第10病日には正常化していた. 本症例は劇症1型糖尿病の膵臓が発症から10日以内に大きな変化を生じていることを示唆し, 劇症1型糖尿病の病理所見が時間経過によって変化する可能性を示唆するものと考えられた.
  • 小川 裕, 方波見 卓行, 近藤 朗彦, 川田 剛裕, 齋藤 宣彦
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A45-A47
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病は, 急激なインスリン分泌能の枯渇から糖尿病ケトーシスで発症する非自己免疫性1型糖尿病の亜型として報告された疾患概念である. 2001年から2003年にかけて当科で経験した劇症1型糖尿病の3例について, 日本糖尿病学会劇症糖尿病調査委員会によるスクリーニング基準をもとに比較, 検討した. 症例1は典型的な劇症1型糖尿病であったが, 症例3は急激な発症経過であったにもかかわらず, インスリン分泌能の低下はスクリーニング基準を満たさなかった. インスリン分泌能が改善したとの報告例もあり, 診断の際には急性期以後の経時的評価とスクリーニング基準の弾力的運用が必要である.
  • 田中 剛史, 田中 崇, 勝木 顕, 浦川 英己, 矢野 裕, 住田 安弘, 三〓 盛治
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A49-A51
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病 (以下「劇症1型」) では, 発症初期から膵インスリン分泌は枯渇し, 回復することもないといわれている. 今回, 劇症1型を疑わせる発症様式をとったものの, 膵β細胞機能の面から劇症1型と断定しえなかった2例を経験した.
  • 今枝 憲郎, 岡山 直司, 神谷 吉宣, 加藤 岳史, 赤尾 雅也, 今井 誠司, 竹内 美征, 若見 和子, 山田 一博, 林 良成, 伊 ...
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A53-A57
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    劇症1型糖尿病の病態を解明するために当院および関連施設で経験した劇症1型糖尿病の4症例を年齢, 性別, 妊娠の有無, 初発症状から診断までの日数, HbA1c, 膵島自己抗体, HLAについて比較した. 女性3例, 男性1例で, 年齢は29歳~69歳であった. 症例1のみ妊娠が関与していた. 初発症状から診断は最短で2日, 最長で5日, 短期なほどHbA1c値は低値であった. 症例1のみICA陰性, ICSA陽性であったが, 他の症例はすべて抗GAD抗体, ICA, IAAは陰性であった. HLA遺伝子型は, 検索した3例すべてに1型糖尿病感受性haplotypeであるDRB1*0405-DQB1*0401を認めた. 症例3, 4に先行する上気道炎が認められた. 以上の結果より劇症1型糖尿病において性別, 幅広い年齢層, 妊娠, ウイルス感染, 自己免疫の関与など発症要因の多様性とHLA DRB1*0405-DQB1*0401 haplotypeの重要性が示唆された.
  • 金田 伊史, 池田 幸雄, 塚本 尚子, 川村 攻, 岡本 栄祐, 頼 敏裕, 末廣 正, 橋本 浩三
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A59-A62
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    症例は63歳, 女性. 糖尿病の家族歴なし. 2002年10月中旬より食思不振, 体重減少が出現し, 同月28日より口渇が著明となったため, 近医を受診した. 随時血糖435mg/dl , 尿ケトン体強陽性, 頻回の嘔吐, 意識障害を認め, 当院内科に紹介入院となった. 血糖967mg/dl , 代謝性アシドーシスを認めたが, HbA1cの増加は軽度 (7.3%) であった. アミラーゼ3,881IU/l , リパーゼ2,110IU/l , エラスターゼ11,470ng/dl と膵外分泌酵素の著増を認めたが, 腹痛はなく, 腹部CT上膵腫大も認めなかった. 尿中CPR 5μg/日と著減していたが, 抗GAD抗体, IA-2抗体, ICAはいずれも陰性で, 本例を非自己免疫性劇症1型糖尿病と診断した. 入院後, 膵外分泌酵素は比較的速やかに減少したが, 軽度高値が持続し, 正常化までに約4カ月を要した. 本例のごとく, 膵外分泌酵素の上昇が遷延する症例がどの程度の割合で存在するのか, また, 遷延の機序やその後の臨床経過に与える影響など, 今後, 症例の集積が必要と考えられる.
  • 箱田 知美, 福田 哲也, 木林 亮子, 大石 菜摘子, 白鳥 康史, 鈴木 貴博
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A63-A66
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    症例は38歳女性. 身長149cm, 体重45kg. 平成15年3月7日より心窩部痛が出現し近医受診, 膵酵素の上昇を認め13日当院消化器内科紹介となる. 初診時, 尿糖 (-), 血中アミラーゼ434IU/l , リパーゼ740IU/l と上昇, 腹部超音波検査で軽度膵腫大があり, 急性膵炎の症状と考えられたが, 全身状態も良好で軽症のため外来治療とした. その後16日より口渇が出現し, 18日の再診時, 血糖413mg/dl , 尿ケトン強陽性で糖尿病性ケトアシドーシスを認め入院加療となった. 入院時HbA1c 5.4%, GAD抗体陰性で尿中CPR 12.4μg/日と低値, などから劇症1型糖尿病と考えられた. 劇症1型糖尿病では発症時に膵酵素の上昇が認められることが多いが, 本例では高血糖出現の約1週間前より急性膵炎様の消化器症状と膵酵素の上昇を認め, 数日内に内因性インスリン分泌が枯渇し糖尿病発症に至った. 劇症1型糖尿病としては比較的稀な経過と考え報告する.
  • 横川 博英, 佐藤 和加乃, 井上 修二
    2005 年 48 巻 Supplement1 号 p. A67-A70
    発行日: 2005年
    公開日: 2008/04/11
    ジャーナル フリー
    症例は43歳男性. 平成15年6月15日突然口渇, 多飲, 全身〓怠感を自覚. 症状は増悪し, 連日近医を受診し補液を受けたが改善せず, 意識障害を合併したため当院を紹介された. 来院時BUN 71.9mg/dl , Cr 3.95mg/dl と腎機能障害を合併し, 肝膵酵素の上昇と電解質異常を認めた. 血糖値1,332mg/dl , 総ケトン体3,830mol/ml , pH7.02およびHCO3 2.8mmol/l で昏睡状態であった. 集中治療室 (ICU) 入室後補液, 持続的静脈内インスリン注入を開始し病態は速やかに改善したが, 膵酵素の上昇のみは持続し, これはウリナスタチンの投与で改善した. HbA1c 5.9%と低値で, グルカゴン負荷試験ではインスリン分泌は無反応, 尿CPR 14.3μg/日であった. また, 各種自己抗体は陰性であり腎障害を合併した劇症1型糖尿病と診断した. 発見の遅れから高度の意識障害と腎障害を合併しつつも救命しえた症例であった.
feedback
Top