日本耳鼻咽喉科学会会報
Online ISSN : 1883-0854
Print ISSN : 0030-6622
ISSN-L : 0030-6622
87 巻 , 4 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 大橋 淑宏, 中井 義明, 黒木 幸一, 中田 順子, 武市 直範, 木原 匠子, 丸岡 健一, 池岡 博之
    1984 年 87 巻 4 号 p. 445-449
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    10例の非アレルギー症例および12例の鼻アレルギー症例にt-RASTを施行し,従来の鼻アレルギー検査(皮膚試験,鼻粘膜誘発試験,RAST,鼻汁好酸球検査)の成績と比較検討し以下の結論を得た.
    1. t-RASTは客観的かつ半定量的にアレルゲンに対する鼻粘膜の過敏性を検索しうる検査法であり,鼻アレルギーの除外診断に有用である.
    2. t-RASTは皮膚試験およびRASTが陰性のいわゆる限局型アレルギーの診断には特に有用である.
  • 西澤 伸志
    1984 年 87 巻 4 号 p. 450-460
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    小児の中ないし高度感音難聴者で,5歳以前より,5年以上追跡した症例63例について検討した.男が21名,女が32であった.
    (1) 連続する2周波数以上にわたって15dB以上悪化した進行耳について
    (1) 進行の割合は難聴児の39.7%,難聴耳の30.2%にみられたが,性差はなかった.
    (2) 進行は,50%が10歳以下に発現していた.
    (3) 原因および聴力型についての進行は,家族•血縁関係のある水平型の聴力型に進行する例が多かった.原因にかかわらず,漸傾型では不変例が多く,急墜型ではほぼ不変であった.
    (4) 進行がみられた周波数は,2000Hzから4000Hzにかけての中•高音域に多かった.また原因の不明例に多かった.
    (2) 周波数別の域値の変化について
    (1) 全症例で250,500Hzでは15dB以上の域値の悪化は1/3以下であったが,2000Hz以上では1/2以上であった.
    (2) 平均聴力レベルが60~80dB台の例の45%以上に2000Hz以上で悪化がみられた.
    (3) 水平型の聴力型では,250Hz以上で,30%以上に悪化がみられた.急墜型や皿型ではほとんど変化がなかった.
    (4) 家族•血縁関係のある患児,および原因の不明の患児では,30%以上に2000Hzと4000Hzで悪化がみられた.
  • 藤岡 正勝, 三輪 敬之, 平出 文久
    1984 年 87 巻 4 号 p. 461-467
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    形状記憶合金の耳鼻咽喉科領域への応用についての研究は,いまだ報告されていないので,ここでは,Ti-Ni形状記憶合金wireを使用した扁桃摘出術用,鼻ポリープ摘出術用係蹄,および短鼻鏡の開大バネへの利用について報告した.
    1) Ti-Ni形状記憶合金wireを形状記憶熱処理して作製した係蹄は,再使用の際,熱風,熱湯,電気凝固用ピンセットによる通電などで容易にもとの滑らかな形の係蹄に戻り繰り返し同一絞断線を使用することが出来る.
    2) 臨床使用例は数例とまだ少数であるが,鼻ポリープ摘出術では,鼻ポリープを均等に絞り込んで切除することなしに引きぬくことも可能であった.これは,この合金wireが熱弾性マルテンサイトのため,巨大変形が容易であり,鋼線より全体的に絞り込むのに適しているように思われる.扁桃摘出術用の係蹄として使用した場合,扁桃を十分剥離して切除するのに問題ないが,Krause型絞断器使用の場合は,wireの取り付け箇所の切れこみを1mm程深くすると良い.なお,扁桃摘出術のシゴキの点は細かい配慮を要する.
    3) Ti-Ni合金wireは105回の屈曲に堪えられるといわれているが,極端な屈曲では永久歪みが起こることがある.しかし,係蹄の形状では,それほど問題にならない.絞断力は鋼線と変わらず,耐摩性,耐食性に優れている.滅菌の際は,既に記憶された形状になっているから,記憶ボケの心配はない.
    4) 超弾性の性質を持つTi-Ni合金wireを鼻鏡の開大バネに利用した.これは,ゴム金属といわれるごとく超弾性挙動を有するので,これを使用すると鼻鏡を開く力が一定となり,鼻孔の大小による力のかかり方の変化が少ない.小児に使用したところ,不快感もなく,装着出来,また,多少の方向の変更が出来る.両手が自由につかえ,器具も軽く簡便であった.
  • 斎藤 洋三, 大木 幹文, 竹田 英子
    1984 年 87 巻 4 号 p. 468-472
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    The present work reports the results of radioallergosorbent test (RAST) with nine different grasses in 70 cases of grass pollinosis. The data are expressed as mean RAST score and percentage of positive RAST: Poa pratensis (3.30, 97.1%), Dactylis glomerata (3.16, 97.1%), Anthoxanthum odoratum (3.06, 94.3%), Agrostis alba (3.04, 92.9%), Lolium perenne (3.03, 94.3%), Phleum pratense (2.96, 91.4%), Festuca elatior (2.94, 90.0%), Phragmites communis (1.77, 64.3%) and Cynodon dactylon (1.71, 62.9%).
    These results lead to the following conclusions: 1) In the cross-allergenicity, both Phragmites communis (common reed) and Cynodon dactylon (Bermuda grass) are different from the other grasses. 2) For diagnostic screening purposes, it is sufficient to use the RAST with Poa pratensis (June grass) or Dactylis glomerata (Orchard grass).
  • 平田 圭甫, 間島 雄一, 坂倉 康夫, 三吉 康郎
    1984 年 87 巻 4 号 p. 473-480
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    磁気振動球レオメーターの原理,測定方法について説明した.また磁気振動球レオメーターを作成し慢性副鼻腔炎患者の粘膿性鼻汁の動的粘弾性すなわち弾性的な特性を表す動的弾性率G',粘性的特性を表す動的損失G"を測定し次の結果を得た.
    1. 磁気振動球レオメーターにより微量(0.1ml)の試料で広い角振動数の範囲ω=1~200rad/sec(0.1~31Hz)の動的粘弾性の測定が可能であった.
    2. 粘膿性鼻汁の動的粘弾性は周波数1~20Ha,6.3~126rad/secでG',G"ともに周波数に対し増加の傾向を示した.
    3. 精密さ,再現性の点からみて磁気振動球レオメーターは粘液の動的粘弾性の測定手段として有用であると考えられた.
  • 吉原 俊雄
    1984 年 87 巻 4 号 p. 481-488
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    Ultrastructural localization of K+ -paranitrophenyl phosphatase (K+ -NPPase) activity of the Na+, K+ -ATPase complex, nonspecific alkaline phosphatase (ALPase) and Mg2+ -ATPase activities were studied in the rat and human salivary glands.
    The results were summarized as follows.
    1) K+ -NPPase activity: In the acinar cells and the striated ducts the reaction products were present on the cytoplasmic side of the plasma membrane forming basal infoldings, while no reaction was localized to the apical membrane. When ouabain was added to the medium, the reaction was completely absent.
    2) AL Pase and Mg2+ -ATPase activities: Myoepithelial cells were demonstrated by an ALPase technique in rat, but not in human adult, and by a Mg2+ -ATPase technique in rat and human adult. Ultrastructually, the reaction products were associated with the plasma membranes and pinocytotic vesicles of the myoepithelial cells. The salivary glands of the 16 week-old fetus were composed of the primary ducts and the terminal cell clusters. Some flattened cells with bundles of microfilaments were present on the periphery of the terminal cell clusters. The Mg2+ -ATPase reaction products were found along all adjoining cell membranes, while no AL Pase reaction was observed.
  • 奥野 妙子
    1984 年 87 巻 4 号 p. 489-501
    発行日: 1984/04/20
    公開日: 2008/03/19
    ジャーナル フリー
    The round window has become a subject of interest recently as a route to treat inner ear diseases.
    A study of the anatomy of the round window niche, round .window niche membrane and round window membrane was performed in 205 temporal bones.
    1. The round window niche was examined under an operating microscope to determine the presence or absence of the round window niche membrane. Of 100 adult temporal bones, 30 had clear round window niches without round window niche membrane (open type), and 70 had round window niche membranes. The round window niche membranes were classified into three types. The closed type round window niche membrane covers the round window niche without any perforation. The perforated type had one or more perforations and the reticulated type had a lace-like membrane.
    2. The measurement of the round window niche and round window membrane was performed by LUZEX 500. The round window niche (32 ears): area 2.85±0.78mm2, maximum length 2.30±0.37mm, width 1.77±0.28mm, superior wall 1.76±0.28mm, anterior wall 1.95±0.34mm, posterior wall 2.08±0.33mm. The round window membrane (45 ears): area 3.56±0.91mm2, maximum length 2.50±0.06mm, width 1.95±0.28mm.
    3. The round window membrane consists of 3 layers: the outer layer, middle layer and inner layer. The middle layer occupies the largest part of the membrane (thickness 50-70μm). Collagen fibers in the middle layer run from the crista semilunaris to the margin of the round window like a fan. The round window niche membrane also consists of three layers: epithelial layers and subepithelial connective tissue layer. The latter loosely contains collagen fibers, fibroblasts and capillaries. Thickness of the niche membrane is 15-150μm.
    4. The round window membrane is mathematically expressed and is displayed as a computergraphic.
feedback
Top