日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
ISSN-L : 0446-6454
最新号
選択された号の論文の6件中1~6を表示しています
産業動物臨床・家畜衛生関連部門
小動物臨床関連部門
  • 中川 恭子, 南 毅生
    原稿種別: 短報
    2021 年 74 巻 3 号 p. 191-195
    発行日: 2021/03/20
    公開日: 2021/04/20
    ジャーナル フリー

    7歳のペキニーズが排便困難を主訴に来院した.直腸検査にて腫瘤状病変による直腸狭窄を認めた.CT検査によって周囲組織への浸潤を伴う全周性の腫瘤状病変が確認され,病理組織学検査により直腸腺癌と診断した.外科切除が困難と考えられたため,緩和的治療として自己拡張型直腸ステントの設置を実施した.直腸ステント設置により狭窄部の拡張が認められ,排便困難が改善した.その後,時々軽度のしぶりや血便は認められたものの一般状態も改善し,自力での排便が可能となった.しかし,直腸ステント設置40日後の第72病日に自宅にて突然死した.死因は明らかではなく,腫瘍及びステント設置との因果関係は不明であった.死亡時まで一般状態,排便ともに良好であったことから,短期的には有効性が認められたが,長期的な安全性や有効性については確認できなかった.

獣医公衆衛生・野生動物・環境保全関連部門
feedback
Top