日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
106 巻 , 6 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 樋ロ 宗史, 李 柄生
    1995 年 106 巻 6 号 p. 365-378
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    Second messenger systems regulate transcription initiation of immediate-early genes (IEGs) through phosphorylation of transcriptional factors and repressors. Tissue-specific late response genes (LRGs) are induced dependently on protein synthesis slowly after IEGs, but the mechanisms of regulation of LRGs are still unknown. In this review, the mechanisms of transcriptional regulation of IEGs are summarized and possible drug action sites are discussed. As to the neuropeptide Y (NPY) gene, a typical neuronal LRG, the approach was introduced to elucidate the transcriptional regulations of the NPY gene induced by membrane depolarization and NGF-induced neuronal differentiation. The second messenger systems were Ca/calmodulin dependent protein kinases (CaM) and NGF-induced MAP kinases, respectively. The unique CaM- and NGF-responsive elements and DNA-binding factors were identified. The NDF1 protein bound to NGF-RE were cloned and characterized. NDF1 seems to a novel transcriptional factor that regulates neurotrophin-induced transcription of LRGs. Thus identification of novel regulatory factors is required to elucidate mechanisms of gene expression including transcriptional initiation, and pharmacological studies are also necessary to discover the novel drug action sites in the gene expression system.
  • 渡邊 義将, 河辺―森 眞由美, 伊藤 猛雄
    1995 年 106 巻 6 号 p. 379-383
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    For simultaneous measurement of [Ca2+]i and tension in intact smooth muscle and for tension measurement in skinned smooth muscle, a method for preparing a fine vascular smooth muscle strip was described. This preparation is useful for an extensive investigation of the excitation-contraction coupling mechanisms in vascular smooth muscle under physiological conditions.
  • 鹿児島 正豊, 小平 久正, 田中 正人, 島田 英世
    1995 年 106 巻 6 号 p. 385-392
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    胃粘膜保護作用を有する新しいタイプのヒスタミンH2受容体拮抗薬である,FRG-8813:(±)-2-(furfurylsulfinyl)-N-[4-[4-(piperidinomethyl)-2-pyridy1]oxy-(Z)-2-butenyl]acetamideの胃粘液動態におよぼす作用をカプサイシン感受性神経の関与の有無を中心に16,16-dimethyl prostaglandin E2(dmPGE2)およびカプサイシンと比較検討した.さらにアンモニア胃粘膜損傷に対する抑制効果を調べ,胃粘膜保護作用と胃粘液増加作用の関連性についても検討した.正常ラットにおいて,FRG-8813,dmPGE2およびカプサイシンは,胃粘膜保護作用を示した.カプサイシン感受性神経除神経(除神経)ラットでは,FRG-8813およびカプサイシンの胃粘膜保護作用は消失したが,dmPGE2の胃粘膜保護作用は影響を受けなかった.胃粘液におよぼす作用では,正常ラットにおいて,FRG-8813,dmPGE2およびカプサイシンはそれぞれ投与5分後に粘液ゲル層の厚さを増加させた.除神経ラットにおいて,FRG-8813,dmPGE2およびカプサイシンの粘液ゲル層増加作用は消失した.また,正常ラットにおいて,カプサイシンは粘膜内粘液を減少させる傾向を示したが,FRG-8813およびdmPGE2は粘膜内粘液を減少させなかった.除神経ラットにおいて,FRG-8813およびdmPGE2は粘膜内粘液増加作用を示したが,カプサイシンは著明な変化を示さなかった.以上の成績より,被験薬投与5分後の粘液ゲル層の増加作用は胃粘膜保護作用に関連するものと考えられ,この作用はFRG・8813の作用機作の1つと推察された.また,この粘液ゲル層増加作用にカプサイシン感受性神経の関与が示唆された.さらに,FRG-8813およびdmPGE2は粘液合成促進作用を有するが,この機構はカプサイシン感受性神経を介さないことも推察された.
  • 渡辺 潔, 道善 公美, 林 裕
    1995 年 106 巻 6 号 p. 393-399
    発行日: 1995年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    自然発症高血圧ラット(SHR)を用いて,シルニジピンの脳循環自動調節能に対する影響を検討した.シルニジピンは,1~100μg/kgの静脈内投与により用量依存的な降圧作用を示し100μg/kgでは投与前血圧より約40%降圧したが,大脳皮質および尾状核の局所脳血流量はいずれも安定に維持された.同様にシルニジピンは1および10mg/kgの十二指腸内投与により緩徐で持続的な降圧作用を示し10mg/kgでは投与前血圧より約40%降圧したが,大脳皮質および尾状核の局所脳血流量はいずれも安定に維持され減少しなかった.脳循環自動調節能の下限域は,シルニジピン10mg/kgの十二指腸内投与により有意に低下した.以上より,シルニジピンは過度の降圧時にも脳循環自動調節能を維持し,さらに,脳循環自動調節能の下限域を下方偏位させる可能性が示唆された.
feedback
Top