日本薬理学雑誌
Online ISSN : 1347-8397
Print ISSN : 0015-5691
ISSN-L : 0015-5691
107 巻 , 6 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 重信 弘毅, 田中 光, 佐藤 広康
    1996 年 107 巻 6 号 p. 259-272
    発行日: 1996年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    The pacemaker current (If) in embryonic chick ventricular myocytes is present, but decreases during development. β-Adrenergic agonists stimulate If, whereas muscarinic cholinergic agonists inhibit If and reverse β-adrenoceptor stimulation. G-proteins directly and indirectly couple autonomic receptors to If channels in embryonic ventricular cells. The If may contribute partly to the electrogenesis of the pacemaker potential. On the other hand, Ito current, voltage-dependent and 4-AP-sensitive, exists even in young embryonic cardiomyocytes, but not in all cells. The Ito increases during development, resulting in modulation of the action potential configuration. The action potential duration of guinea pig ventricular myocardium decreases during the late fetal period and increases postnatally. Single cell voltage clamp analyses revealed that the decrease and increase in action potential duration are due to developmental increases in the current densities of the calcium current and delayed rectifier potassium current, respectively. The role of the sarcoplasmic reticulum in contraction and relaxation of the guinea pig myocardium increases during fetal development.
  • 鵜飼 洋司郎, 小笠原 孝, 吉國 義明, 木村 喜代史
    1996 年 107 巻 6 号 p. 273-284
    発行日: 1996年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    TRH誘導体,montirelinhydrate(NS-3)の意識障害改善作用を明らかにする目的で,中脳網様体破壊や後部視床下部破壊,あるいは一過性の脳虚血を施したネコ脳波に対する作用について,TRHと比較検討した.NS-3はいずれの意識障害モデルにおいても明確な脳波賦活作用を示した.TRHは中脳網様体破壊や後部視床下部破壊ネコにおいて,NS-3の30から100倍以上の用量でNS-3と同様の脳波賦活作用を示したが,一過性脳虚血ネコにおいては脳波賦活作用を示さなかった.これらの結果から,NS-3がTRHに比して極めて強力な意識障害改善作用を有することが示唆された.
  • 森安 眞津子, 那須 昌弘, 本田 日出男, 坂本 珠美, 山村 道夫, 松岡 雄三
    1996 年 107 巻 6 号 p. 285-297
    発行日: 1996年
    公開日: 2007/02/06
    ジャーナル フリー
    新規thyrotropin-releasinghormone(TRH)類縁体(-)-N-[(S)-hexahydro-1-methyl-2,6-dioxo-4-pyrimidinylcarbonyl]-L-histidy1-L-pmlinamide(TA-0910)の内分泌系に及ぼす影響を雌雄ラットを用い,静脈内投与あるいは経ロ投与後の血漿下垂体ホルモン(thyroid-stimulating hormone: TSH, prolactin:PRL)および甲状腺ホルモン(triiodothyronine: T3, thyroxine: T4)濃度を指標に,TRHのそれと比較検討した.血漿TSHはTA-0910静脈内投与(8.3nmol/body)ならびに経ロ投与(0.275, 2.75μmol/body)後,雄,雌共に速やかに上昇し,静脈内投与では投与10分以内に,経ロ投与では投与30分以内に最高濃度に達した.その濃度は対照群レベルの静脈内投与で5~7倍,経ロ投与の低用量で2~3倍,高用量で5~6倍であった.以後,血漿TSHは急速に低下し,静脈内投与では投与2時間後,経ロ投与では投与3~6時間後に雄,雌共対照群レベルまで低下した.血漿T3は両投与経路共にTSHより明らかに遅れて上昇し,静脈内投与では投与1~2時間後,経ロ投与では投与2~3時間後に最高濃度となった後減少した,静脈内投与では血漿T4の上昇はT3の上昇とほぼ同様のパターンで変動したが,血中からの消失はT3より遅かった.TA-0910経ロ投与後のT3,T4上昇はTSHのそれに比較し高用量群と低用量群の差異は小さかった.TRHの静脈内投与(0.83nmo1/body)および経ロ投与(0.275μmo1/body)ではそれぞれ10倍量のTA-0910投与時と比較し,雄,雌共やや低いTSHの推移,静脈内投与の雄で軽度高いT3,T4の推移,経ロ投与の雌,雄でT4の消失が早かった以外,ほぼ同様の血漿TSH,T3,T4の推移が認められた.両薬物投与による血漿PRL濃度の有意な変動は個体差が大きく認められなかった.以上,TA-0910のホルモン分泌促進作用は雌雄ラットにおいてTRHのそれと質的に変わらなかったが,効力的にはTRHのそれの約1/10~1/5の強さであることが示唆された.
feedback
Top