日本消化器病学会雑誌
Online ISSN : 1349-7693
Print ISSN : 0446-6586
69 巻 , 5 号
選択された号の論文の7件中1~7を表示しています
  • 竜田 正晴
    1972 年 69 巻 5 号 p. 459-473
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    弯隆部, 噴門部, 胃体上部を含めた胃上部の胃炎について組織学的に検討し, その拡がりを酸分泌機能を介して, 内視鏡的に観察する方法を確立し, 次の成績を得た.
    1.噴門腺領域はヒトでは50%にしかみられない.噴門腺領域のあるものでも, その拡がりは狭く, 食道胃接合部まで胃底腺領域であるものが多い.
    2.congo red色素を用い, 胃上部胃炎の拡がりを「不変帯」として内視鏡的に観察できる.
    3.胃上部胃炎の組織像は胃底腺の萎縮, 腸上皮化生が主で, 上皮欠損, 浮腫, 炎症細胞の浸潤, 充血をみる.
    4.胃上部胃炎には, 胃体下部より噴門側に拡大してきた胃炎以外に, 噴門側より始まる胃炎が存在する.
    5.噴門側より始まる胃上部胃炎は加令とともに拡大し, 組織学的には胃底腺の萎縮, 腸上皮化生が高度になる.
  • 瀬川 昂生
    1972 年 69 巻 5 号 p. 474-490
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    tetragastrinをラット尾静脈より投与すると胃・十二指腸に潰瘍が発生する.この潰瘍発生は, ブタの十二指腸より抽出されたsecretinおよび鯨の胃粘膜より抽出された, gastrone様物質たるglycopeptideによつて抑制される.gastric fistulaを用いての検討ではsecretinはgastrinの胃酸分泌作用を抑制し, pepsinの排出量を軽度増強させる.一方, gastroneは胃酸分泌作用を抑制するが, pepsinの排出量は変えない.また, gastrinによる十二指腸の運動は両者により抑制されるが, その作用はgastroneの方が強い.16.6%のgelatinに溶解したgastrinを長期間連続に皮下注射すると, 胃壁細胞数および胃粘膜の厚さは増すが, 主細胞数は変わらない.この壁細胞増生作用もまた, secretin, gastroneにより抑制される.secrein, gastrone等のfeed backを営む消化管ホルモンは消化性潰瘍の発生防止に大きい役割を果しているものと考える.
  • 神坂 幸良
    1972 年 69 巻 5 号 p. 491-502
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    コレラ症の下痢発生機序には, 血管や腸粘膜の透過性充進, Cyclic AMPなどが関与するが, まだ不明な点が多い.choleragenやコレラ毒素を用いて微小循環的研究を行なうと, 腸管壁と腸間膜血管の透過性は亢進し, 血管周囲肥畔細胞の脱顆粒現象もみられる.電顕的には血管内皮細胞間隙は開大し, markerとして用いたthorotrastが入り込んで基底膜外に漏出し, 内皮細胞のpinocytosisも観察された.血管透過性亢進と肥胖細胞脱顆粒現象は抗コレラ毒作用を有するcycloheximide, ethacrynic acid, prednisolone, chlorpromazineで阻止される.以上により, コレラ毒素は血管壁に直接的に作用して透過性を亢進させ, 肥胖細胞に脱顆粒現象をも起こさせて, 血管外から血管の透過性をさらに亢進せしめることを示唆する.
  • 加藤 景三
    1972 年 69 巻 5 号 p. 503-523
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
    膵管造影における正常および異常像を追求する目的で, 剖検例による検討を行ない, 次の結果を得た.1.主膵管走行を4型, 副膵管走行を3型に分類した.各走行型について, 発生学的に考察することにより, 複雑な膵管系の走行が比較的容易に理解できる.2.主, 副膵管および胆管は種々の開口型式をとるが, 開口型式と走行とは相関が認められる.3.主要分枝以外の分枝最大径1mm以上, 分枝の辺縁波状, 数珠状拡張および嚢状拡張所見は, 膵管上皮の過形成または化生, および管内粘液様物質貯溜と密接な関係がある.4.膵癌では, 主膵管の辺縁硬化を伴う狭窄および閉塞と分枝の中断ならびに直線化所見が認められる.狭窄部より尾側の膵管は拡張する.
  • 1972 年 69 巻 5 号 p. 524-556
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
  • 1972 年 69 巻 5 号 p. 557-575
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
  • 1972 年 69 巻 5 号 p. 576-582
    発行日: 1972/05/05
    公開日: 2011/06/17
    ジャーナル フリー
feedback
Top