日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
87 巻 , 6 号
選択された号の論文の3件中1~3を表示しています
  • 小玉 肇
    1977 年 87 巻 6 号 p. 343-
    発行日: 1977年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル 認証あり
    人βリポ蛋白により感作した家兎ならびに無処置の家兎に,人βリポ蛋白の蛋白量として20mgを1日1回18日間連日静注した.感作家兎の1羽の下腿の腱は黄変し,それに接して黄色腫瘤が出現したが,無処置の家兎ではこのような変化は出現しなかった.黄色腫瘤部では血管中心性の泡沫細胞巣が多数集合しており,各泡沫細胞巣の中心部には多核白血球が密に浸潤し,それに接して泡沫細胞への移行を示す組織球が出現した.この組織球ならびに一部の多核白血球には人βリポ蛋白が摂取されており,完成した泡沫細胞では脂質のみの蓄積がみられた.静注開始後の血清総コレステロール値の上昇は軽度だった. 以上のごとく,家兎血中に質的に異常なリポ蛋白として人βリポ蛋白免疫複合体を形成させることにより実験黄色腫を作成しえた.家兎血中の人βリポ蛋白免疫複合体は何らかの機序で血管外に漏出すると多核白血球浸潤を伴う反応を惹起し,容易に組織球に摂取されたのち,早期にその蛋白部分が処理され,残余脂質が蓄積することにより泡沫細胞が形成されると考えた.
  • 谷 昌寛
    1977 年 87 巻 6 号 p. 351-
    発行日: 1977年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル 認証あり
    小児および成人計8例の正常エッタリソ汗器官(以下E汗器官と略す)の各構造ユニットにおける succinicdehydrogenase (以下 SDH )および phosphorylase-branching glycosyltransferase (以下 P-lase )の電顕細胞化学的特異活性パターンとその細胞下レベルにおける局在を明らかにした. 糸粒体局在性の SDH 特異活性は,分泌部明調細胞および真皮内汗管外周細胞に強い反応が認められ,分泌部暗調細胞および表皮内汗管下部外周細胞に中等度陽性反応が認められた,真皮内汗管および表皮内汗管下部の両管腔細胞では,陰性ないしきわめて弱い陽性反応のみであった.分泌部筋上皮細胞では,個々の糸粒体には強い活性反応が認められたが,総じて各細胞の糸粒体数が少なかった. 原形質基質局在性の P-lase 活性は,分泌部明調細胞および真皮内汗管外周細胞に強い陽性反応が認められ,分泌部の暗調および筋上皮両細胞,真皮内汗管管腔細胞,表皮内汗管下部外周および管腔両細胞に中等度ないし弱い活性が認められた.また真皮内汗管では主として生理的グリコーゲンより小さなpolyglucose (以下 PG )粒子が本反応で合成され,分泌部および表皮内汗管下部では生理的グリコーゲンより大きな PG 粒子が合成された.SDH および P-lase とも汗管のケラトヒアリン顆粒出現部より上部の表皮内汗管では活性を示さなかった.以上,ヒト正常E汗器官の各構造ユニットにつき, SDH およびP-Iaseの電顕細胞化学的活性パターソおよびその徴細構造内の酵素活性の局在を明らかにし,分泌部,真皮内汗管,表皮内汗管の各ユニットならびにその構成細胞の生物学的特質にかかる差異の存することを見い出した(Table 1).
  • 1977 年 87 巻 6 号 p. 365-
    発行日: 1977年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top