日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
128 巻 , 13 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
追悼
日本皮膚科学会ガイドライン
訂正
委員会報告
新・皮膚科セミナリウム 皮膚付属器腫瘍の病理
  • 伊東 慶悟
    2018 年 128 巻 13 号 p. 2815-2822
    発行日: 2018/12/20
    公開日: 2018/12/20
    ジャーナル 認証あり

    毛包系腫瘍の病理の最近の話題として,下記の3点に絞って解説した.

    1 毛芽腫(TB)と基底細胞癌(BCC)の組織学的鑑別点は,ムチン産生の有無が重要.

    BCCはムチンを産生するが,TBは産生しない.

    2 パンチバイオプシーで取り切れてしまう小さなBCCが見つかるようになった.

    ダーモスコピー所見により,BCCの早期発見が可能になった.

    3 外毛根鞘癌(TC)は存在するのか?

    厳密な定義を満たすTCは非常に少なく,多くは有棘細胞癌と考えられる.

  • 泉 美貴
    2018 年 128 巻 13 号 p. 2823-2833
    発行日: 2018/12/20
    公開日: 2018/12/20
    ジャーナル 認証あり

    皮膚の汗管・汗腺系の悪性腫瘍は,いまだに概念や分類が統一されていないため,理解を困難にしている.本稿では,組織学的な正常の構成細胞との類似性という点に着目し,1)汗管上皮細胞の癌,2)エクリン腺およびアポクリン腺上皮(汗腺)細胞の癌,3)アポクリン腺上皮細胞と筋上皮細胞との二相性から構成される癌および,4)良性のカウンターパートを有する癌に分け,可能な限りシンプルに理解できるよう試みた.なお,乳房外Paget病は汗管・汗腺とは異なるすでに確立した概念であるため,本稿では取り上げない.

原著
総目次
feedback
Top