日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
83 巻 , 8 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
  • 土方 孝子
    1973 年 83 巻 8 号 p. 347-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
    Sunburnのchemical mediatorについてはまだ不明の点が少なくない.著者はsunburnと局所皮膚の線維素溶解現象との関係をしらべた.ウサギ皮膚のsunburnの紅斑と浮腫との経過を数量的に表し,同時に局所皮膚の線維素溶解現象をしらべた.紅斑および浮腫は照射後2時間にピークをもつ山をえがくが,6~9時間に両者の上昇勾配が強かった.この現象にともなって局所の線維素溶解現象の強さが増強するのをみた.この際浮腫と線維素溶解現象とはtrans-4-aminomethyl-cyclohexane-carboxylic acid(以下t-AMCHAと略す)のin vivo投与により抑制されたが,紅斑には無効であった.またこの線維素溶解現象はin vitroでt-AMCHAおよびε-aminocaproic acidにより抑制された.この線溶現象の至適温度とpHとはそれぞれ37℃および7.4であった.これらの事実は観察した線溶現象の特長がいわゆる線溶系反応のそれに反しないことを示している.しかし,その同定にはなおいくつかの検討が必要である.さらにヒトのsunburn紅斑と浮腫とはともにt-AMCHAの内服により著しく抑制されることを認めた.以上のsunburnと線維素溶解現象との関係についての所見は文献上未だ報告をみない.
  • 川田 宗弘
    1973 年 83 巻 8 号 p. 361-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
    Bowen病の5例について微細構造を電顕的に詳しく検索した.得られた成績は次のように要約される.(1)主な腫瘍細胞の微細構造の特徴は次のようであった.核は大きく,輪郭が不整,核小体は顕著であった.トノフィラメントとデスモソームは少なく,細胞間隙は広く,そこにミクロビリがみられた.ミトコンドリア,小胞体などの細胞内小器官は細胞質の豊富な細胞では多く,細胞質の乏しい細胞では少ない傾向があった.リボソームは豊富で,多くはポリソームを形成していた.Golgi装置や中心小体はまれにみられた.細胞内にメラノソームを持った腫瘍細胞は少なかった.(2)基底層の細胞の微細構造は一般に正常表皮基底細胞のそれと変りなかった.ただし,basal laminaの一部に小裂隙があり,そこから細胞質性小突起が偽足様に真皮へ突出している所見がまれにみられた.(3)2核ないし3核の大きな腫瘍細胞も観察された.その微細構造は主な腫瘍細胞のそれと大差なかった.(4)核分裂像は比較的多数観察された.その場合,塊状の染色体をトノフィラメント束が囲むように配列している所見があった.そのほか,核被膜の外側に断片的な染色体が存在したり,細胞内小器官が核被膜の内側にみられるような異常核分裂像もみられた.(5)異常角化細胞には二つの場合があった.一つは細胞質全体にトノフィラメントが増加・凝集したもの,他は細胞質の一部にトノフィラメントの凝集塊が存在するものである.後者では,トノフィラメントが個々明瞭に識別できる場合,電子密度の高い均質無構造の場合,およびそれらの中間型と思われる場合があった.(6)Pigment blockade状態のメラノサイトが観察された.(7)Langerhans細胞が腫瘍巣内にまれに観察された.その微細構造に異常はなかった.(8)Bowen病の主な腫瘍細胞の微細構造を棘細胞癌のそれと比較すると,トノフィラメントとデスモソームの所見についてはBrodersのいう悪性度3~4度の棘細胞癌に似るが,他の細胞内小器官についてはむしろ1~2度の棘細胞癌に近いものがあった.
  • 滝内 石夫, 森岡 貞雄, 小川 秀興, 宮崎 寛明
    1973 年 83 巻 8 号 p. 377-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
    表在性真菌が表皮角質層や毛髪,爪等に侵入していく機序の一つとしてKeratinを分解する酵素―Keratinase―の寄与が推測される.本酵素に関しての生化学的免疫学的な研究は数多いが,biologicalな面を追求したものは極めて少ないようである.そこで今回我々はNoval & Nickersonの方法に従い,人毛髪を加えた以外は極度に栄養源を制限した培養液を作成し,そこにMicrosporum gypseum(以下M. gyp.と略)を接種し,Keratinase産生動態を対照培地との比較のもとに経日的に測定し,検討を試みたので報告する.
  • 1973 年 83 巻 8 号 p. 379-
    発行日: 1973年
    公開日: 2014/08/26
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top