日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
80 巻 , 9 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 佐藤 晋一
    1970 年 80 巻 9 号 p. 585-
    発行日: 1970年
    公開日: 2014/08/27
    ジャーナル 認証あり
    人表皮樹枝状細胞に関する組織学的電子顕微鏡的報告は多いが,同じ重層扁平上皮である人口腔粘膜樹枝状細胞についてその報告は少なく,特に電子顕微鏡的報告は,Zelickson and Hartmann(1962),Haim(1964),二階(1965),Waterhouse(1965),Hashimoto et al.(1966),Schroeder and Theilade(1966),宝田(1966),Squier and Waterhouse(1967),Schroeder(1969)らの報告があるのみである.また口腔粘膜において皮膚疾患に合併する病変に色素沈着症,悪性黒色腫等があり,口腔粘膜の上皮樹枝状細胞の研究は,いまだ多くは行なわれていないのが現状である.著者は人口腔粘膜各部位,すなわち口唇内面,頬織学的電粘膜,軟口蓋,舌粘膜,歯肉,硬口蓋の樹枝状細胞を組子顕微鏡的に系統的に検索した.
  • 佐藤 昌三
    1970 年 80 巻 9 号 p. 610-
    発行日: 1970年
    公開日: 2014/08/27
    ジャーナル 認証あり
    糖尿病では罹患早期から全身的規模で微細血管の領域に器質的障害が発現し,その病理組織学的変化の主徴は,内皮細胞の増殖,肥厚,収縮,基底膜肥厚などの類似所見であるといわれている.このような糖尿病性微細血管障害の一環をなす皮膚微細血管変化について,電子顕微鏡的検索がすでに数多く行なわれたが,大部分は皮膚微細血管の臓器特異性を充分考慮せず,単に形態像を論じ,その本態,糖尿病重症度との関係,生検が困難な諸臓器組織血管変化との相互関連について一定の成績が得られていない.本論文は皮膚微細血管の構造的,機能的特異性から,糖尿病時の微細構造を再検討するとともに,真皮における若干の細胞,組織の基底膜変化を観察した結果について報告する.
  • 斎藤 忠夫, 須貝 哲郎
    1970 年 80 巻 9 号 p. 629-
    発行日: 1970年
    公開日: 2014/08/27
    ジャーナル 認証あり
    メラニン産生阻害剤の効果判定に黒色金魚を用いる方法は,伊藤および中条により創案され,ChavinおよびSchlesingerにより確立された.著者らはこの方法を追試検討するとともに,併せてメラニン産生阻害剤により惹起されるウロコ内melanophoreの変化を組織化学的ならびにautoradiographicな方法で追求し,興味ある結果をえたので,ここに報告する.
  • 竹田 公彰
    1970 年 80 巻 9 号 p. 639-
    発行日: 1970年
    公開日: 2014/08/27
    ジャーナル 認証あり
    薬疹の発生機序,特に固定薬疹において皮疹を固定させる機序に関しては,まだ不明な点が多い.固定薬疹の皮膚顕微鏡的観察としては,これまでにGilje et al.の報告が見られるだけである.それも爪廓の血管像の観察記録だけで,皮疹部の検鏡は行なわれていない.固定薬疹以外の薬疹の皮膚顕微鏡的観察の記録には皮疹部の検鏡所見も若干あるが,詳しいものはない.筆者は,薬疹,ことに固定薬疹の皮疹部の末梢血管の動きを皮膚顕微鏡的に観察し,その病因を末梢血管の面から追求した.検索した事項は表1の通りである.以下に,その成績を述べる.
  • 1970 年 80 巻 9 号 p. 661-
    発行日: 1970年
    公開日: 2014/08/27
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top