日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
98 巻 , 9 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
  • 1988 年 98 巻 9 号 p. 869-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
  • 西岡 清, 向井 秀樹, 上村 仁夫, 堀内 保宏, 伊藤 篤, 野口 俊彦, 西山 茂夫
    1988 年 98 巻 9 号 p. 873-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    重症成人型アトピー性皮膚炎患者64例にアンケートならびに面接調査を行い以下の結果を得た.①39.1%の症例が生後6ヵ月以内,28.1%が1~4歳に発症し,10歳迄に発症した症例は75%であった.②アトピー背景として2親等内に本症の発生あるいは気道アレルギーの発生の両者あるいはその一方を病歴に持つ症例が86.7%にみられた.③いずれの症例も教科書的皮膚症状の分布を示しながら全身への皮膚症状の拡大を示し,93.8%の症例が思春期もしくは成人期に全身への皮膚症状の拡大を示した.④1例を除いて血中IgE値は200U/ml以上を示し,気道アレルギーを合併する症例では血中IgE値がより高値を示す傾向がみられた.気道アレルギーを合併しない症例の血中IgE値は,皮膚症状罹患後10年を経て著明な高値を示す傾向がみられた.ダニ抗原に対するRASTも血中IgE値同様,本症罹患10年以上の症例に高スコアーがみられた.⑤18.8%の症例に発症後寛解期間が見られ,これらはいずれも5歳以前の発症者であった.これらの症例では気道アレルギーを合併するか血中IgE高値がみられた.以上より,重症成人型アトピー性皮膚炎患者は一般の本症患者に比しアトピー背景が強く,また,IgE産生機構の昻進が著明で,アトピー性皮膚炎全体の中で1つのサブグループとして解析されるべき集団であると考えられた.
  • 芹川 宏二, 徳橋 至, 村上 正之, 碇 優子, 神田 秀一, 下田 祥由
    1988 年 98 巻 9 号 p. 879-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    46歳,男子の右腰部に生じたEccrine spiradenomaを電顕的及び免疫組織化学的に検索した.光顕的には,腫瘍細胞はヘマトキシリンに濃染する小さな核をもつ細胞と淡染する大きな核をもつ大型の細胞の2種類がみられたが,電顕的には形態差が乏しく同一種類の細胞と考えられた.管腔面を構成する腫瘍細胞には,短絨毛及び管腔周囲線維帯が認められ,エックリン導管曲管部様構築と考えた.基底側細胞の一部は,filaments with focal densitiesを細胞質内にもつことより筋上皮細胞様細胞と考えられた,酵素抗体法にても,抗myosin抗体陽性像を認め腫瘍巣内で上皮細胞と筋上皮細胞様細胞の間に移行があると思われた.また一部の管腔側細胞は,単層上皮と特異的に反応する抗keratin抗体にて陽性を示し,分泌細胞への分化も否定できなかった.なお,第Ⅷ因子関連抗原による検索では,豊富な血管の存在が確認され,Kersting & Helwigの組織分類にてType-Bに属すると推測した.
  • 中川 浩一, 庄司 昭伸, 濱田 稔夫, 浅井 芳江
    1988 年 98 巻 9 号 p. 891-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    18歳,男性に生じたtrichorrhexis nodosaの毛髪をWet-SEMを用いて検討した.臨床的には毛髪に多数の白色の点(white flecking)が認められ,その部で容易に断裂した.光学顕微鏡下では2つの絵筆を組み合わせた様な像として観察された.Wet-SEMを用いて未固定,未脱水,未蒸着毛髪を観察すると,結節部では,毛小皮がはがれ,露出した毛皮質はケラチン束が離解,断裂,交差したような,いわゆるpaint brush fractureの像が得られた.患者,および患者と同年齢,同性の健常人4名の毛髪に対して表面のX線微小分析を行うと,いずれも珪素,硫黄,カリウムを主成分として含有するが,患者毛髪では健常人毛髪に検出されないカルシウム,チタン,ニッケル,亜鉛の各元素が非結節部毛小皮,結節部露出毛皮質の一方,あるいは両方に検出された.毛髪の研究におげるWet-SEMの有用性は十分に評価され,またX線微小分析装置の装着によりその応用性は更に広がると考えられる.
  • 石田 卓, 石地 尚興, 本田 まり子, 新村 眞人
    1988 年 98 巻 9 号 p. 899-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    臨床,組織学的に尖圭コンジロームと診断した男性43例,女性15例,計58例の外陰,肛門部の疣贅についてヒト乳頭腫ウイルス(human papillomavirus,HPV)の型の検索を行った.方法は,ホルマリン固定パラフィン包埋切片を材料としたビオチン化HPV-1,2,4,6,11,16,18型DNAプローブによるin situ hybridization法を施行した.14症例にっいては凍結保存組織よりDNAを抽出し,32Pで標識した上記プローブを用い,Southern blot法を施行し,in situ hybridization法の型特異性の確認を行った.以上の方法でHPVの型の同定できなかった1部の症例に関しては,さらにG.Orthより分与されたHPV-1から36型までのHPV-DNAのそれぞれをtransferしたmembrane filter用いて検索を行い,以下の結果を得た.1)尖圭コンジローム58例中,HPV-6型が35例,HPV-11型が13例,HPV-16型1例,HPV-2型1例が検出され,HPVの型の同定できなかった例は8例であった.2)HPV-6型とHPV-11型が検出されたものは全体の84%を占め,HPV-6型とHPV-11型の比は約3:1であった.これは従来の報告の90%,3:1とほぼ同様の結果となった.3)検出されたHVP-6,11,16型それぞれの型と尖圭コンジロームの臨床型,組織像との関連はみいだせなかった.4)HPV-1型からHPV-36型までのHPV-DNAとhybridizeしないHPV-DNAが2歳女児,17歳妊婦より検出された.5)子宮頚癌よりかなりの頻度で検出されるHPV-16型が組織学的に異型のない肛門部の尖圭コンジローム男性1例より単独で検出され,16型と推定されるウイルスのcapsid antigenの局在も認められた.6)今回,我々の用いたホルマリン固定パラフィン包埋切片を材料としたin situ hybridization法は,HPVの型判定及び組織内のHPV,DNAの局在を調べるためには極めて有用な手技であり,スクリーニング検査としても適していると考えた.
  • 太田 貴久, 今村 隆志, 浜中 すみ子, 西岡 和恵, 田井 直, 川島 育夫, 入江 礼子, 麻上 千鳥
    1988 年 98 巻 9 号 p. 913-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    39歳,男のacral lentiginousmalignant melanomaの左大腿部および64歳,男の直腸肛門間malignant melanomaの右前腕部の各転移性悪性黒色腫に,IgMである抗モノシアロガングリオシドGM,モノクローナル抗体(MAb202)を局所注射したところ,腫瘤は28%~55%縮小し,腫瘍内にはコントロールにない腫瘍細胞の壊死像が認められた.この殺細胞機序を知るために,治療後の摘出標本を用いて免疫組織学的に検討した.MAb202は,悪性黒色腫細胞膜に結合していた.しかし,正常ヒトメラノサイト,上皮性や間葉系の悪性腫瘍の各細胞膜への結合は認められなかった.これらの結果から,MAb202は悪性黒色腫細胞を特異的に結合する抗体であることが判明した.尚,殺細胞機序は補体依存性細胞障害によるものと考えられた.従って,この抗体は悪性黒色腫の治療のみならず悪性黒色腫とその他の腫瘍との鑑別診断にも応用できるものと考えられた.
  • 大島 茂人
    1988 年 98 巻 9 号 p. 923-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    モノクロメーターを用いて種々の波長および量の単色光を照射された白色モルモットの背部皮膚の表皮における単位長当たりのSunburn cell(SBC)数をパラメーターとして,紫外線(UV)吸収剤塗布部および非塗布部での値を比較,統計的に解析し,UV吸収剤のUV吸収能を検討した.UV吸収剤として,PABAおよびParsol A(4-tertial,buty1-4-methoxydibenzoylmethane)を用いた.PABAを用いた実験では,250~310nmの間の単色光単独照射後および8-MOP+325nm単色光照射後におけるPABA塗布部におけるSBC数は対照値より有意に減少し,従ってPABAの吸収スペクトルは250~325nmであることが示された.さらに,各波長におけるSBC数の対数の照射量の対数への回帰直線を求め,回帰直線における最小照射量から最大照射量までの定積分値を算定したのち,各波長でのPABA塗布群と対照群との定積分値の比を求めることにより,PABAの最大吸収波長は280nmであることを示した.Parsol Aを用いた実験では,8-MOP塗布・325~370nm域の単色光照射後におけるParsol A塗布部におけるSBC数は対照値より有意に減少し,従ってParsol Aの吸収スペクトルは325~370nmであることが示された.また,PABAの場合と同様の解析方法により,Parsol Aの最大吸収波長は370nmであることが示された.この実験で得られたPABAの吸収スペクトルの値および最大吸収波長の値はいずれも従来報告されている確定値に一致したことから,この実験で用いられた解析方法は,UV-B吸収能を有するUV吸収剤だけでなくUV-A吸収能を有するUV吸収剤についても,その評価に利用でき,またその信頼性は高いと考えられた.
  • 狩野 俊幸, 小堀 幸子, 加藤 英行, 矢尾板 英夫
    1988 年 98 巻 9 号 p. 931-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
    81歳女.頚部リンパ節結核に続発した皮膚腺病の1例を報告した.合わせて,1978年から1987年までの10年間に本邦皮膚科領域で報告された33例について統計的考察を行った結果,本疾患の高齢化傾向が一段と進んでいることが明らかとなった.
  • 1988 年 98 巻 9 号 p. 937-
    発行日: 1988年
    公開日: 2014/08/08
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top