日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
128 巻 , 2 号
選択された号の論文の10件中1~10を表示しています
日本皮膚科学会ガイドライン
訂正
委員会報告
新・皮膚科セミナリウム アトピー性皮膚炎―病態のパズルはどこまで解けたか
原著
  • 前田 拓哉, 秦 洋郎, 柳 輝希, 今福 恵輔, 北村 真也, 本間 英里奈, 藤田 靖幸, 清水 宏
    2018 年 128 巻 2 号 p. 197-203
    発行日: 2018/02/20
    公開日: 2018/02/20
    ジャーナル 認証あり

    足底の複合型母斑47例及び足底の悪性黒色腫16例のダーモスコピー所見と臨床情報に関する検討を行った.ダーモスコピー所見に関してはasymmetry・irregular border・parallel furrow pattern(PFP)・parallel ridge pattern(PRP)・lattice-like pattern(LLP)・fibrillar pattern(FP)・blue-whitish veil,臨床所見に関しては男女比・年齢・腫瘍の長径・分布をそれぞれ評価した.足底の複合型母斑と悪性黒色腫の鑑別においては,ダーモスコピー所見に関してはPRP・irregular border・asymmetryが有用である一方,blue-whitish veilは有用ではないことが分かった.臨床所見に関しては,女性であること,若年であること,腫瘍が小さいこと,非荷重部に分布することが母斑の診断に有用であった.

Letter to the Editor
学会抄録
feedback
Top