日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
124 巻 , 2 号
選択された号の論文の9件中1~9を表示しています
追悼
新・皮膚科セミナリウム 臨床に役立つ基礎皮膚科学(2)
原著
  • 福田 俊平, 楠原 正洋, 十亀 良介, 谷 直実, 大畑 千佳, 橋本 隆
    2014 年 124 巻 2 号 p. 167-171
    発行日: 2014/02/20
    公開日: 2014/03/19
    ジャーナル 認証あり
    本邦における10歳代の足白癬の頻度や実態を把握する目的で,福岡県久留米市の中高一貫校生徒を対象に足白癬の疫学調査を実施した.全生徒(1,068名,男子生徒993名,女子生徒75名)における罹患率は1.97%(男子生徒2.10%,女子生徒0%)であり,病型としては趾間型が大半を占め,角質増殖型や足爪白癬の合併はみられなかった.菌学的所見より同定した分離菌はすべてTrichophyton mentagrophytesであり,分子生物学的にはすべてTrichophyton mentagrophytes var. interdigitale/Arthroderma vanbreuseghemiiと一致した.自宅通学生徒と比較し,寮生徒の罹患率が高い傾向にあった.これまでの全年代を対象とした疫学調査と比較すると,中学・高校生における足白癬罹患率は低いものの,寮生活など集団内で感染リスクが高くなる可能性も示唆されたことから,中学・高校生を中心とした10歳代においても足白癬の積極的な診断・治療が不可欠である.
  • 服部 友保, 福本 隆也, 阿南 隆, 木村 鉄宣
    2014 年 124 巻 2 号 p. 173-177
    発行日: 2014/02/20
    公開日: 2014/03/19
    ジャーナル 認証あり
    60歳,女性.右頬部の結節.病理組織学的に真皮内の結節状の病変で,小型で暗調なI型細胞と大型のII型細胞で構成され,I型細胞がII型細胞を取り囲むように配列しpseudorosettesを形成していた.II型細胞はS100蛋白,CD57陽性で,樹状突起が密なネットワークを形成.dendritic cell neurofibroma with pseudorosettes(DCNWPR)と診断した.DCNWPRは本邦ではこれまで報告例がなく,まれな腫瘍である上に見過ごされている可能性がある.
速報的小論文
学会抄録
feedback
Top