日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
89 巻 , 8 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 大塚 藤男, 溝口 晶子, 滝沢 清宏
    1979 年 89 巻 8 号 p. 525-
    発行日: 1979年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル フリー
  • 山本 須賀子, 浜口 次生
    1979 年 89 巻 8 号 p. 537-
    発行日: 1979年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル フリー
    尋常性乾癬患者の免疫能について,微量全血培養法により PHA, PWM を mitogen とするリソパ球幼若化反応を指標として検討するとともに,PUVA 療法の上記の免疫能に及ぼす影響についても検討した.乾癬患者群リンパ球では PHA 反応は 2% 以下 PWM 反応は 1% 以下の危険率で有意の低下を認めた.しかし皮疹の範囲については,汎発型,限局型との間に,これら反応の有意差を認めなかった.PUVA 療法(外川 8-MOP+UVA 照射)の影響については,身体の 75% から 90% の広範囲に18回から47回本療法を受けた7例では,治療前に比べ治療後の PHA 反応 1% 以下の危険率で有意の低下を示したが, PWM 反応では有意差を認めなかった.紫外線照射範囲および回数との関連については少数例であるが,身体の広範囲に数回の PUVA 療法を受けた2例で PHA 反応の低下傾向を示したが,身体の小範囲に9回,17回の本療法を受けた2例では PHA 反応に変化を認めなかった.
  • 高橋 千恵
    1979 年 89 巻 8 号 p. 543-
    発行日: 1979年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル フリー
    マウスの DNFB に対する接触過敏症の系にBloom1) らのヴィールスプラーク法を応用し,抗原特異的核酸合成反応とも比較検討し,以下のような所見を得た.1.4日前に DNFB を塗布感作したマウスのリンパ節細胞は, DNBS (ジニトロベソゼンスルフォン酸)を添加して2日間培養すると, VSV=Vesicular stomatitisvirus (牛の水疱性口内炎ヴィールス)に感受性となり V-PFC (virus-plaque forming cell)を作る.抗原特異的核酸合成反応もほぼ並行して,2日間培養時に最高に達する. 2. V-PFC,核酸合成反応はともに DNP 基と TNP 基と識別しうるほどの抗原特異性を有する. 3.抗原刺激により特異的に産生される V-PFC (Ag-V-PFC とする)はほとんどがT細胞であり,抗原特異的核酸合成を行う細胞も多くは T細胞と考えられる. 4. Ag-V-PFC の前駆細胞(TVとする)および抗原特異・的核酸合成細胞の前駆細胞 (TPr とする)はともにナイロンウールカラムおよびセファデックス G-10 カラムに付着性である. 5. DNFB 感作の2日前に CY(サイクロフォスフアミド)の静脈内投与を行うと,接触過敏症反応は増強するが Ag-V-PFC, 抗原特異的核酸合成反応はともにほとんど消失する. 6. DNBSの静脈内投与により suppressor T-cell が生じている条件において Ag-V-PFC 抗原特異的核酸合成は全くみられなかった.また感作前にDNBSを静江すると, Ag-V-PFC, 核酸合成は完全に抑制された, 以上の成績に若干の文献的考察を加え. Ag-V-PFC と抗原特異的 DNA 合成細胞の大部分はかなり抗原特異性の高いT細胞で,接触過敏症の effector や helper TceH ではなく,ある種の suppression に関与する細胞である可能性が強く示唆された.
  • 酉抜 和喜夫, 三浦 隆, 清寺 眞
    1979 年 89 巻 8 号 p. 553-
    発行日: 1979年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル フリー
    ポルフィリン症における日光過敏性皮疹の発生に関与すると考えられているライソゾームの役割を検討するために,以下の実験を行なった.1.ラット肝からライソゾームを分離し,これに hematoporphyrin (HP)を添加し 400nin 紫外線 (400nm UV) を照射した,生成される過酸化脂質量は照射する 400nm UV の量に比例して増加した.一方,添加した HP の量には至適濃度があった.対照の HP を添加しない系では照射前後で過酸化脂質量に差は生じなかった. 2. HP の濃度を一定にし,ライソゾーム分画に vitamin E を添加して 400nm UV を照射すると,過酸化脂質形成の抑制がみられ vitamin E の抗酸化作用が確認された
  • 1979 年 89 巻 8 号 p. 557-
    発行日: 1979年
    公開日: 2014/08/22
    ジャーナル フリー
feedback
Top