日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
74 巻 , 1 号
選択された号の論文の2件中1~2を表示しています
  • 田嶋 公子
    1964 年 74 巻 1 号 p. 1-
    発行日: 1964年
    公開日: 2014/08/29
    ジャーナル 認証あり
    Harrison(1907)の蛙の神経の培養に始まる組織培養法は,血清,血漿,胎仔浸出液,各種塩類溶液,合成培地の使用,器具の工夫等によつて発達し,組織培養に関係のある業蹟は,Murray & Kopech(1953)の“Bibliography of the Research in Tissue Culture”からも判るように当時既に膨大なものとなり,その後も激増の一途を辿つている.特に最近では,ヴイルス,生化学,免疫学,アイソトープ及び電子顕微鏡関係のものが目立つてきている.組織培養を応用する腫瘍の研究は,Murrayらによつて開拓されたものである.それは,腫瘍組織を培養に移したとき,組織から自由になつて増殖する腫瘍細胞が,自由にその本来の形態的特徴を発揮するという性質を応用したものであつて,これによつて腫瘍細胞の母組織を推理することかできる.またある腫瘍組織か培養において示す形態的特徴を見て,腫瘍を診断することもできるとされている.組織培養とよく似た方法にstearns(1940)の兎の耳に透明な円板を挿入して観察する方法,或はVan Dooremaal(1873)に始まる眼球前房を用いて異種組織を培養する試みがあり,Towbin(1951,1957)などは,後者によつて悪性腫瘍の悪性度の比較を行なつている.Murray,stout & Bradley(1940)が組織培養所見によつてneurilemomaの起源をSchwann細胞であるとした研究はRecklinghausen病(以下R病と略称)の徴候がないと断かつてあるものについて行なわれたものであるにも拘らず,しばしばR病の病理発生の考察に引用されている.彼らは正常神経と神経鞘腫との組織培養所見を比較して,神経鞘腫がSchwann細胞の形態学的特徴を有することによつて,その起源をSchwann細胞に求めている.これに先だち,Masson(1932)は実験的神経鞘腫と神経鞘腫の病理組織とに共通する諸所見から,これをSchwann細胞に由来するものと考えた.因みに本邦ではMatsumoto(1985)は兎の迷走神経の部分切除によるノイロ―ムの形成及びその組織培養を試み,近年近ら(昭37)は兎の坐骨神経についてMassonの実験IIを追試し,50例中15例に成功したという.更にCausey(1969)はcarcinogen9・10dimethyl 1・2 benzanthracene(DMBA)をC+系マウスの坐
  • 田嶋 公子
    1964 年 74 巻 1 号 p. 22-
    発行日: 1964年
    公開日: 2014/08/29
    ジャーナル 認証あり
    Recklinghausen母斑症(R病)に見る皮膚の軟腫瘍,同症に見る表在性神経腫瘍並びに所謂neurilemomaを綜括する名称として,Verocay(1910)に従つて神経鞘腫(Neurinom)を用いる.神経鞘腫の起源に関しては,(1)Verocay,Antoni,Massonらによつて代表されるSchwann細胞説.(2) Foot,Mc Nairy & Montgomeryらの外胚葉性のSchwann細胞と神経周囲結合組織細胞の両者が腫瘍形成に関与するとする説,並びに(3)von Recklinghausen,Penfieldらの代表する結合組織説との3者が対立するかの観がある.神経鞘腫にその組織要素として,種々の量の結合組織が参加していることは常に見るところではあるが,Schwann細胞様要素をその原発性要素と考え,結合組織を二次的要素と看倣すMassonの説明が最も素直なように思われる.また近時,川村はR病を色素細胞母斑,青色母斑と共に神経櫛発生障碍によるものとし,それに関して西原(1953),上出一(1954),上出二(1954),寺田(1955),河﨑屋(1956),蔵(1957),和泉(1957),谷口(1957),田中(1958),入山(1960),木下(1960)等一連の研究があり,それぞれ神経櫛に由来することの証跡を挙げている.更に,神経鞘腫の培養に関してはMurrayらを始め優れた研究があり,神経鞘腫はSchwann細胞に由来するとされている.しかし今日なおその発生病理に関して諸説がある.著者は本編において,先ず文献に拠り神経鞘腫を神経櫛起源性,即ちSchwann細胞もしくは近縁細胞の腫瘍性増殖と看倣すことの妥当性並びに,それと関連ある重
feedback
Top