日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
131 巻 , 7 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
新・皮膚科セミナリウム 皮膚科から発信する非HIV免疫再構築症候群(non-HIV IRIS)
  • 水川 良子, 塩原 哲夫
    2021 年 131 巻 7 号 p. 1685-1690
    発行日: 2021/06/20
    公開日: 2021/06/20
    ジャーナル 認証あり

    非HIV感染者にみられる免疫再構築症候群(immune reconstitution inflammatory syndrome:IRIS)をnon-HIV IRISとして捉える概念が提唱され,広く用いられるようになってきている.この概念は,HIV患者の治療中にみられるIRISと同様の病態が,HIVとは無関係の免疫不全状態の回復時にみられる現象で,一見,複雑に見える多くの疾患や病態に当てはめることができる.本稿では,このnon-HIV IRISを重症薬疹である薬剤性過敏症症候群(drug-induced hypersensitivity syndrome/drug reaction with eosinophilia and systemic symptoms:DiHS/DRESS)を用いて概説する.DiHS/DRESSの経過中に見られるウィルス再活性化や症状の再燃および治癒後の自己免疫疾患発症などの複雑な病態はnon-HIV IRISそのものであり,non-HIV IRISを理解することが,DiHS/DRESSの理解にも役立つ.また,発症早期の段階でCMV再活性化を予測できるだけでなく,CMVが再活性化しやすい4週前後の好中球リンパ球比(neutrophil-to-lymphocyte ratio:NLR)はCMV再活性化の目安となり得る.これらの結果は,DiHS/DRESSのみならず他のnon-HIV IRISにおいても同様の結果が得られると考えている.

  • 藤田 次郎
    2021 年 131 巻 7 号 p. 1691-1699
    発行日: 2021/06/20
    公開日: 2021/06/20
    ジャーナル 認証あり

    肺を病変の場とする非HIV患者の免疫再構築症候群について,特に呼吸器感染症に着目し,文献検索を実施した.該当したのは,31文献,47症例であった.病原体の内訳は,抗酸菌感染症26例,ヒストプラスマ症9例,アスペルギルス症5例,クリプトコッカス症5例,およびニューモシスチス肺炎2例であった.自験例を紹介するとともに,肺を病変の場とする非HIV免疫再構築症候群の病態,および治療方針について概説した.

原著
速報的小論文
feedback
Top