日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
77 巻 , 4 号
選択された号の論文の5件中1~5を表示しています
  • 五十嵐 靖雄
    1967 年 77 巻 4 号 p. 207-
    発行日: 1967年
    公開日: 2014/08/28
    ジャーナル 認証あり
    表皮細胞はたえず分裂し増殖する増殖細胞群と,他方分化しケラチンを形成する棘並びに顆粒細胞群とに分けられ,この2つの細胞群の均衡により,正常表皮では一定の平衡状態が保たれているのである.そしてこの増殖細胞の検索には従来有糸分裂像を示標とする方法が採られていたが,近年DNAの特異的前駆物質である3H-thymidineの合成と解像力の高いフイルムの出現とにより3H-thymidine autoradiographyが広く用いられるようになつて来た.けだしこの方法によると,増殖細胞の状態を単に静的にのみならず動的にも把握出来るが,この方法を表皮に応用した研究は,動物実験的報告は暫らくおき,人では殆んど見いだされていないと言つても決して過言ではない.余が1963年人の正常及ば乾癬表皮について公にしたのが最初で,以来Fukuyama,Eps-tein,Van Scott(いずれも1965)の報告がみられるに過ぎない.余は本第1篇においては人につき表皮角化を中心に,胎児をも含め正常並びに病的角化,更に紫外線照射,角層剥離時の表皮における3H-thymidine標識細胞の分布並びに動態につき検索しいささか新知見を得たので,以下,その成績を記載しようと思う.
  • 五十嵐 靖雄
    1967 年 77 巻 4 号 p. 229-
    発行日: 1967年
    公開日: 2014/08/28
    ジャーナル 認証あり
    余は第1編において3H-thymidine autoradiographyにより人につき表皮角化を中心に,胎児をも含め正常並びに病的角化,紫外線照射,角層剥離時の表皮における細胞の増殖並びにlife-spanについて記述した,ここでは更に純系雄白色成熟モルモットを用い,余が考按した3H-thymidine局所標識法によつて,紫外線照射並びに角層剥離時の外に,methylcholanthrene塗布,Arthus現象惹起,皮膚切創の表皮におけるDNA合成細胞の分布並びに一部で表皮細胞のlife-spanを検索した.既に第1篇の文献概要の項に記した如く,動物についてこの種の研究は割合最近ではあるが,専ら全身標識法により比較的多く報告されているが,局所標識法による研究は余のArthus現象惹起表皮における報告(1965)に前後してWeinsteinの豚表皮における報告がみられるにすぎない.因みにautoradiographyの実施法は第1篇に同じく,又紫外線照射その他の実験方法は以下各項成績の冒頭に記してある.
  • 荒木 寿枝
    1967 年 77 巻 4 号 p. 239-
    発行日: 1967年
    公開日: 2014/08/28
    ジャーナル 認証あり
    光線過敏症の研究は,1900年Raabの,acridin溶液中でぞうり虫が数分間の日光照射により死亡するという研究,および1931年Hausmannの,hematoporphyrinで前処置された白鼡が,暗所では何らの異常反応も示さないのに,日光照射を受けると数分ないし数日以内に死亡し,その時間は色素量および光量に比例するという報告,すなわちphotodynamic action(光力学的作用)に関する研究にはじまつた.その後1939年Stephan Epsteinがsulfonamideによる光線過敏症の研究において,その作用機序としてphotoallergic(光アレルギー性)とphototoxic(光毒性)の2つのmechanismの存在の可能性を示唆した.さらに,BurckhardtおよびBlumらのsulfonamideについての実験により光アレルギー現象の基礎が確立された.すなわち生理的食塩水で1%に稀釈したsulfonamide溶液を人体皮内に注射し,その部にquartz lampを用いて最小紅斑量(MED)以下の長波長紫外線を照射すると,全例において照射後直ちに紅斑が発生,色素沈着を残して数日以
  • 寺尾 尚
    1967 年 77 巻 4 号 p. 271-
    発行日: 1967年
    公開日: 2014/08/28
    ジャーナル 認証あり
    1937年にSulzberger-Garbeにより命名された本症はユダヤ人に多く,東洋人種の症例はいまだ報告されていないようである.著者は本症に該当すると思われる症例を経験した.
  • 1967 年 77 巻 4 号 p. 272-
    発行日: 1967年
    公開日: 2014/08/28
    ジャーナル 認証あり
feedback
Top