日本皮膚科学会雑誌
Online ISSN : 1346-8146
Print ISSN : 0021-499X
ISSN-L : 0021-499X
123 巻 , 3 号
選択された号の論文の4件中1~4を表示しています
原著
  • 藤本 智子, 井上 梨紗子, 横関 博雄, 伊東 慶子, 大嶋 雄一郎, 柳下 武士, 玉田 康彦
    原稿種別: 原著
    2013 年 123 巻 3 号 p. 281-289
    発行日: 2013/03/20
    公開日: 2014/10/30
    ジャーナル 認証あり
    原発性手掌多汗症の中等症から重症(発汗量≧0.5 mg/cm2/min)の患者90例を対象に,20%塩化アルミニウム液・50%塩化アルミニウム液・プラセボの3群に無作為割付し,1日1~2回8週間の単純塗布を二重盲検下で行った.評価項目として発汗量・HDSS(Hyperhidrosis disease severity scale)・DLQI(Dermatology life quality index)を用い他覚的,自覚的な症状改善度を測定し治療経過中に診察と患者日誌を用いて副作用を集計した.結果85例がプロトコールを終了し,塩化アルミニウム液の外用群では濃度依存性に8週間後の発汗量の減少を認め,群間比較では治療8週間後の50%濃度群がプラセボ群と比較して統計学的に有意な(p<0.05)発汗量減少を認めた.患者の自覚症状であるHDSS,DLQIについては塩化アルミニウム液の外用群は2週間後から有意な(p<0.001)改善を認めたが,プラセボ群もHDSSでは4週間後から改善を認め(p<0.05),DLQIでは2週間後から有意な改善を認めた(p<0.01).以上の結果から原発性手掌多汗症に対する塩化アルミニウム液の外用療法の有効性を認めた.副作用として外用部位への刺激皮膚炎が濃度依存性に認められ,外用方法の指導と基剤の検討が今後必要であると考えた.一方塩化アルミニウムの血中濃度の上昇はみられず,体内への移行性は認めなかった.
  • 三井田 博
    原稿種別: 原著
    2013 年 123 巻 3 号 p. 291-296
    発行日: 2013/03/20
    公開日: 2014/10/30
    ジャーナル 認証あり
    30歳,男性.20歳時より手の一過性の浮腫が時々出現していたが特に医療機関を受診せず,放置していた.母親と兄2人にも同様の症状が出現していた.また,2011年8月に腹痛を主訴に当院内科に入院しCTで小腸に限局性の浮腫を認めたが,小腸炎として補液のみで軽快したため精査されず正確な診断がなされなかったという既往がある.2011年10月,特に誘因なく,顔面に著明な浮腫が出現し,当院に救急搬送された.呼吸苦はなし.ステロイド,H1拮抗薬の点滴静注の効果はほとんどなく,C4値を測定したところ著明に低下していたため,家族歴もあることから遺伝性血管性浮腫(HAE)を強く疑った.C1インヒビター製剤を投与したところ,顔面の浮腫は消退した.その後の精査でC1インアクチベーター活性が低下,C1エステラーゼ抑制因子定量についても低値を認めたため,自験例を1型HAEと診断した.さらに患者の同意の上で血管性浮腫情報センターに患者血液を検体として送付し遺伝子解析が施行された結果,C1インヒビター遺伝子のエクソン3に過去に報告のない新規のミスセンス変異を認めた.同センターを活用することはHAE診断目的の遺伝子解析やHAEについての最新知見を得ることが可能になり有用であると思われた.
  • 一角 直行, 高井 利浩, 村田 洋三, 熊野 公子, 平林 研二
    原稿種別: 原著
    2013 年 123 巻 3 号 p. 297-302
    発行日: 2013/03/20
    公開日: 2014/10/30
    ジャーナル 認証あり
    1993年から2009年までに当科で経験した指趾発生の動静脈奇形6例(手指5例,足趾1例)について臨床病理組織学的に検討した.皮疹は点状,線状の紅斑からなる約10 mm大の紅色局面で,全例で外傷歴は明らかではなかった.病理組織学的には,真皮網状層中層から深層に壁の厚さが多様で,不規則な形状を呈する血管が増加していた.同一の血管においても厚い血管壁と薄い血管壁とが不均一に混在し,正常組織には存在しない奇形血管であることが特徴的であった.特殊染色,免疫組織化学染色では,血管壁の平滑筋の厚さ,弾性板の分布が不均一であることが明瞭に示された.動静脈吻合部は連続切片においても見られなかった.これらの所見は脳における先天性の動静脈奇形の病理所見と本態的に同様であり,外傷性,後天性とは考えられない.指趾の一部に病変が局在し,奇形血管が真皮内に限局する動静脈奇形を,指趾表在性動静脈奇形(superficial digital arteriovenous malformation)と呼称することを提案する.
学会抄録
feedback
Top